外感と内風

 漢方では病気の原因を外因と内因に分ける。外因とは外から身体に作用するもの、気象の変化でその代表が風寒の邪ということになって、それを外感という。それに対して内因は喜怒悲思憂恐驚の七情となっている。七情は命の危険を察知して起こる情動の変化で精神的なストレス反応につながっていく。環境における気象的変化もストレス反応を引き起こすが、それは体温調整に関連する自律神経中枢に作用していく。一方精神的葛藤は大脳辺縁系から七情すなわち情動のほうに作用していくという違いがある。この違いを漢方で見ると非常に興味深い。
 同じストレス反応でも風寒に代表される気象条件は人体の表面に作用し交感神経に作用し、悪寒発熱にみるように体温調節反応を刺激するが、内面に作用する情動は漢方的な肝、すなわち現代医学的には交感神経に作用し、癇つまり、心・精神のほうに作用していく違いがある。その刺激の代表は外因では風寒、内因では喜怒悲思憂驚恐となっている。肝木は揺れる現象があることに関連して漢方的風につながり、外因の風寒の寒に繋がり、カンにつながる。このように言葉の上でストレスは外風、内風と風につながってくることがおもしろい。処方の上では外風は葛根湯、麻黄湯などの皮膚を温める作用の漢方薬で対応するが、内風の方は肝気鬱結を改善する小柴胡湯や大柴胡湯など柴胡剤に関連し、処方の上では大きな違いがある。
 言葉の上では病気の始まりが、寒、癇のカンで共通していることも興味深い。
 日本漢方では傷寒という、いわば風邪の様々な時期に使われる処方を、風邪以外の例えば、不眠、高血圧、むくみ、婦人病など様々な病気に応用して使用し、効果を上げてきた。それを先人は「傷寒に万病あり、万病に傷寒あり」と表現した。そこで風邪以外の病気でも内から起こる風邪ということで内風という言葉を使っているが、先に述べたような理由で、同じ風でも外からの風邪と内からの風邪では症状がかなり違うことを改めて確認できた。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

なぜ風邪をひくと発熱するのか?麻杏甘石湯、小柴胡湯の成り立ち

 風邪をひくと寒気がして発熱する。しばらくするとくしゃみ、鼻水が出て咳をする。咳をするとき痰が出るが、痰が黄色いと肺の熱があると漢方では解釈する。なぜそうなるのかこれまで考えず、ただそうなっていると覚えてきた。しかしその反応は体の生命維持の仕組みの結果であるから、すっきりした理由があるはずである。最近やっと腑に落ちる理由を思いついた。
 恒温動物である人体は神経・免疫・内分泌のホメオスターシス維持システムにより体温を調節・維持している。そこに強力な寒冷刺激が作用すると、自動調節による体温維持の限界を超えるため、発熱装置にスイッチが入り、悪寒に続き発熱が起こると考えられる。この時寒冷刺激が強烈であるほど、発熱も強力になるのは理解できる。強力な寒冷刺激による激しい悪寒に伴う発熱反応がおこる一連の経過を漢方では傷寒と呼んだ。その時寒さに反発して発熱はしたものの、熱が上がりっぱなしになり気分が悪くなる。そこで何とか早く正常の体温にもどそうとするとき、冷えた体表を強力に温めて、寒邪を排除しようとするのが麻黄湯(まおうとう)の作用であった。麻黄湯は発汗作用により解熱するとされているが、発汗する前に麻黄の辛温の性質で体表を温め、まず体温をまず上げる。体温がある一定の温度(セットポイント)にまで上がると、今度は体温を下げるための発汗装置が作動して、汗により余分な熱を排除し、平熱に戻ると考えられる。
 そこからが問題である。悪寒・発熱が続くとしばらくして喉が痛くなり、咳が出てさらに激しくなると痰が出る。痰が粘稠で、黄色くなると肺に熱が及んだと考える。つまり炎症を起こす。これは何を意味しているかが問題である。悪寒によって強烈に体表が冷やされるとそれに対する反作用としての発熱の影響が、気道に及び、より深く、広く起こった結果と考えれば納得される。すなわち体を冷やす寒冷刺激(寒邪)は体内では反作用としての発熱として表現され、さらに深く進むと、炎症反応として咽喉頭炎、や気管支炎となり、黄色い、粘っこい鼻汁や単に変わるのである。その熱すなわち炎症に対応した生薬が石膏で麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)という処方になっていると考えればその変化が納得でされる。
 また寒冷刺激がさらに強力で皮下組織まで及んだ時、そこで反発して高熱が起こる。そのとき、石膏の入った強力な発汗剤である大青龍湯(だいせいりゅうとう)で治療すると考えると病気の流れが納得される。
 さらに冷えに対する反発としての発熱が消化管に向かって行くと、悪寒、発熱を繰り返す往来寒熱の熱形となり小柴胡湯(しょうさいことう)の病態になっていくのではないだろうか。あるいは強力な寒冷刺激が皮下に作用して皮下の強力な発熱を引き起こして、発汗しても解熱しないほどに熱を帯びたとき、陽明病経証の白虎湯証になるのではないか。発熱が消化管に及び発熱しても解熱せず、全身に熱が及び、高熱のまま脱水が進み、便が固く便秘に至った状態になったのが大承気湯証と考えればすっきりする。 
 すなわち寒冷刺激が強いほど反作用としての発熱が強く、広範囲に及び少陽病や陽明病にまでなると考えた。
 陰病になる場合は寒冷刺激に対する発熱という反作用が起こらずに、冷えが体が体の深部に及び機能低下に陥って悪寒、食欲不振、下痢を起こしてくる。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ