FC2ブログ

頸椎の臨床

 最近首こり、肩こりなどを訴えて見える患者さんが多い。多くの場合整形外科や脳神経外科を受診し、大きな問題はないと言われ、リハビリなどを受けるがよくならないという。レントゲンで椎間板が狭くなっているとか、MRIでもヘルニアは大したことはないと言われていることが多い。
 ところがこのような人の首を診察すると後頭部、頸椎上部あたりの頸椎の両側の叩打痛、肩関節全面、肩甲骨中央部の圧痛に左右差がある。また頸椎の進展つまり天井を向く動きに制限されるか、又は痛みを伴い、首を捻じって左右を向くといずれかが向きにくいなどの可動域制限の診察所見が得られることが通例である。臨床症状では肩こり、首筋の痛み、頭痛、めまい、動悸、目の疲れが取れない、顎関節の動きが悪いなど頭頚部の症状が目白押しである。
 このような人の単純レントゲン写真を見ると、正面像で脊椎の側弯に伴ない、頸椎が左右いずれに傾き、棘突起を示す中央に並ぶ楕円や三角形の像が中心から左右いずれかにずれてみえる。側面像では生理的前湾が失われ、脊椎が直線化しいわゆるストレートネックといわれる状態にあるか、それを通り越して後方に凸の湾曲になっている。これ等の所見は現代医学ではストレートネック以外ほとんど注目されず、したがって治療法もなく放置されているように見える。 
 漢方薬による治療の場合には。その患者の状態が特定の処方の適応があれば、効果てき面の場合に頚部の症状も改善することがある。
 鍼灸でもからだの左右の緊張のバランスをとるような治療を行うと、一時的に症状が軽減する場合も見られる点で現代医学よりは治療効果はいいと思われる。
 当院では鎖骨調整という施術で頸椎の捻じれや生理的湾曲の消失を矯正することにより上記症状の改善を認め、その結果からは次のような仮説が導かれる。
 すなわち頸部の疲労は頸椎の直線化、捻じれとして蓄積され、それらが強制されないと疲労は回復しない。すなわち症状が取れない。首凝り・肩こり・頭痛・眼精疲労も頸椎の異常と関連があり、交感神経の過緊張も頸椎と関連している。
 頸椎の直線化、後弯により頸椎の進展が制限されると前屈の俯いた姿勢をとりがちで、暗い人生のポーズとなる。頸椎の異常を矯正すると容易に上がむけ、眼の調節力が回復して視野が明るくなり、前方やや上をむいた未来を見つめる明るい人生のポーズになる。そこで今日からあなたの人生明るくなりますと声をかけることにしている。
 頸椎の捻じれで首が回らない状態は、おそらく借金で首が回らないという巷の言葉の医学的表現ではないかと考えている。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

対症療法と根治療法

 治療には対症療法と根治療法があることはよく知られている。
 対症療法とは、さしあたり困っている症状を抑え込むことである。例えば風邪をひいて頭痛や発熱があるとき、体温を下げるために解熱剤を飲むようなことであったり、或いは虫垂炎で吐き気や腹痛があるときに鎮痛剤を処方したりすることである。
 風邪の発熱は体が冷えて体温を自動調節で維持できないときに悪寒、発熱という生体反応を起こして体温を維持しようとする体の反応とみるなら、解熱剤で体を冷やすということは治癒機転を妨げることになる。一時的には熱冷ましで楽になっても風邪をより治りにくい状態にしてしまうことは、現代医学でも知られるようになってきた。
 また虫垂炎で腹痛を鎮痛剤で押さえてしまうことは痛みによる病気の進行具合をわからなくしてしまうので、治療方針が決まるまでは絶対に痛みを止めていけないと研修医のときに厳重に注意された。しかしそうは言っても症状があまりにも強い場合は苦痛を和らげるための対症療法は必要でないかということも一理はあるが、病気の根本的な治療方針が決まったうえでの対応となる。
 このように根本的な治療方針が決まらないと対症療法は危険である場合もある。リウマチについては西洋医学的には自己の身体組織の膠原繊維に対する自己抗体による抗原抗体反応によって誘発される炎症であるとされ、それに対する消炎効果を狙った治療を行う。以前はボルタレンなど消炎鎮痛剤であったが、さらに消炎作用の強いステロイド剤に変わった。ステロイド剤は副作用が強いので診断基準を満たすまで使用を待っていた。しかしそれまでに炎症による関節の破壊がかなり進むため、さらに早い時期に治療を開始するべく免疫抑制剤や生物学的製剤に治療を始めるように変わってきた。よく見るとそれらもある意味では対症療法である。根本治療は自分の体が自分の体を壊す自己抗体が生産する理由を解明し、そうならない治療を行うこと、あるいは病状を悪化させない具体的な生活指導ではないかと考える。
 逆流性食道炎の治療も同じように見える。現代医学では胃酸の分泌を抑えて逆流する胃液の量を減らす薬物療法を行う。病気の仕組みをよく考えるとストレスにより消化管の運動が抑制され、胃から十二指腸への排泄機能が悪くなり胃液が停滞し食道に逆流するためにおこる炎症と考えられる。すると消化管の運動を正常に戻すこと、そしてその運動を抑制するストレスに対する体の反応を弱め、ストレスを緩和、回避することが根本治療につながるのではないかと考える。最近胃酸の分泌を効果的に抑制する薬剤の長期使用による弊害の記事をよく見るようになった。
 漢方にも対症療法や根治療法と似た考え方があり、標治と本治と呼んでいる。漢方方剤は対症療法と根本的な治療をまず考えるように組み立ててあり、処方していると常に根治すなわち本治とは何かということを考えさせられる。
 本治とは何かを具体的に示し漢方処方や生活指導に結びつけることができればより理想的な治療ができることになる。そのためにはより本質的な病気の成り立ちに対する理解を深めることが必要であるが、その理解が不十分である病気も少なくない場合に治療の限界を感じる。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ