スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限られた命、寿命

 ハートライフ病院で勤務していたころは漢方の新たな可能性を模索していて、あるいは癌も治らないかと積極的な治療を展開をし、多くの末期がんの患者さんを見送った。また免疫力強化によるがん治療の可能性を模索して横浜サトウクリニックのBRP療法、免疫監視療法を取り入れたのもあの頃であった。
 クリニックを開業し、外来診療のみで 入院施設を持たない診療では癌の患者さんを診る機会はほとんどなくなった。入院による治療ができないのでお互いに診療を避ける無意識の作用が働いているのではないかと思う。それでも漢方薬による全身状態の改善を希望して来られる患者さんも時にはおられる。しかしクリニックでできることは限られており、少しでも楽になればいいという気軽な気持ちで対応するようにしている。
 以前ハートライフ病院で診療していたころの癌の患者さんと最近の患者さんの大きな違いは、最近ではほとんどの方がガンの告知を受けていることである。告知を受けていると自分の今の状態あるいは治療の見通しについて一定の了解を持っているため、厳しい現実を受け入れており、或る種の覚悟ができている点にあるのではないかと思う。その点まず病気の現実に向き合うという厳しいハードルを超えており、最初から治療の効果に限りがある事を前提に話ができるので、治療する側としては以前よりは説明がしやすくなる。ところが今でも告知をされていない場合もあり、そのような場合は何となく腫れ物に触るような核心に触れることをさけるような隔靴掻痒の対応になりがちである。
 私がこのクリニックを始めるにあたって掲げた理念の第一を「寿命に限りがある事を理解する」としたのは、現実をみつめ、無限の命ではない事を了解して治療しないと、お互いに無理をしてしまう事を避けるためであった。その現実を受け入れると気持ちが楽になり、それが精神の安定につながり、その分免疫力も上昇するのではないかと考えている。
 思えば人の一生の長さは限られている。病気の人は病気でない人よりは少し早めに、寿命が尽きる可能性が高いだけある。病気でない人はあまり寿命について考える必要に迫られないので何となくいつまでも元気で生きられるという漠然とした安心感をもって日々過ごしてように見える。しかし年を重ね体の機能の衰えを少しずつかんじると、やはり限られた寿命を見つめざるを得なくなる。そのようなことを病気になった方々にお話しするとあまり抵抗なく納得してもらえることを経験している。
 限られた命の話をすると、普段は何となく避けてきた課題に正面から向き合うというささやかな体験を共有する分、お互いに気持ちも少しは和らいで何となくほっとする雰囲気に変わることを実感する。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。