スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒行について

 新年になると寒行に類する行事があちらこちらで行われる。
 今日はロシアのアムール川河畔でロシア正教の信者が集まり、キリストの洗礼にならって氷点下15度の川の水に浸かる行事があったとのことである。真冬の滝に打たれたり、寒中水泳を行ったり、寒稽古等々の話も聞かれる。これを行うと一年中無病息災ということになっているようである。そこで寒行の意義について考えてみた。
 最も寒い冬、裸になるということはかなり強い物理的ストレスを身体に与えることである。その上さらに冷たい水の中に入るのであるから身体の負担は更に倍加することは容易に理解できる。寒さに対応するために身体は交感神経をフル稼働させ一挙に代謝を高め、熱産生を促進しなければならない。交感神経がフル稼働すると血圧が上がり、心拍数が増加し、心臓に負担が一挙にかかる。また外界の寒さに対応するため、熱を奪われないように身体の表面の血流を減らし、内臓の代謝は上げなければならない。もし狭心症や心筋梗塞の既往など心臓の持病がある場合、心臓がストレスに耐えられず発作を起こす可能性もある。高血圧の人では血圧が一気に上がり、脳出血を起こすかもしれない。このように危険なことを何故やるのだろうか。
 健康な人であれば極端なストレスにも短時間であれば耐えられる。またあらかじめ厳しい状況を予想して覚悟すれば、自律神経も無意識にその状況に備えると考えれば、多くの場合は危険な状況を乗り越えられると考える。一度交感神経を極端に刺激して慣らし運転をしておけば、ある程度のストレスには楽に耐えられ、心臓もびっくりしないのではないかと考えられる。いわばインフルエンザのワクチンを前もって注射してウィルス抗体価を上げて予防するような意味合いで「ストレスのワクチン」とも考えられる。
 このように考えれば真冬に冷たい川の水に浸かることが無病息災に繋がるということにもそれなりの道理があることが納得される。しかし、持病を持つ人は当然避けたほうがよいのはいうまでもないことである。
 同じようなことで、面を被った男たちが、くさい泥を子供に塗りたくる宮古島のパーントゥ行事や炭などを顔にぬる行事も、恐怖というストレスに対する精神的ワクチンと考えれば、健康に育つように願う神事の意義が理解されてくる。
 現代社会がさまざまな健康障害を起こしてくるには、あのような生きていくうえでのストレスワクチンが失われたせいかもしれないと思いついた。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。