FC2ブログ

外来患者の病気に見る西洋医学の課題

 以前から感じていたことであるが、漢方外来に見える患者さんの訴えをみていると、現代医学の問題点が見えてくるように思える。
 まず子供たちは鼻炎や副鼻腔炎が多い。多くの場合何年も病院に通っているのに治らないという。抗アレルギー剤を飲んでいる間はいいが、薬をやめると元に戻るという。漢方的に考えると、鼻炎や上気道の炎症は肺の冷えによるので、肺の冷えつまり鼻から気管支に至る上気道の冷えを考慮しないとよくならない。上気道の冷えは多くの場合、体を冷やす飲み物や食べ物で胃を冷やすことで引き起こされる。従ってそれに対する注意をしないと根治はむつかしい。
 次に皮膚疾患が多い。西洋医学的な湿疹の治療はほとんどステロイドを中心とした炎症を抑える軟膏に頼っているように見える。漢方では皮膚の湿疹を抑える内服薬の処方があるので、湿疹の症状にあった処方を選択し組み合わせ、内服薬により炎症の治療ができる。もちろん漢方にも炎症を抑える軟膏もあるが効果は弱いので漢方薬をうまく選択し、組み合わせなければならない。炎症による皮膚の乾燥については西洋医学的な保湿の外用薬を併用する。その上で甘いお菓子を控え、日焼けを避け、疲れやストレスを溜めないという生活指導も、湿疹を悪化させないために必要である。そうすることで根治につながるのではないかと考え、患者さんが自分の病気の成り立ちに気づくように指導している。
 首が凝り、回らない、肩が凝るなどの症状、また肩関節痛や腕の神経痛など、いわゆる頚肩腕症候群といわれる症状を訴えてこられる方も多い。これらの症状は臨床的に観察していると頸椎の捻じれや、いわゆるストレートネックと呼ばれるレントゲン写真に見る変化と関連していることがわかった。当院では頸椎のレントゲン写真に考慮した鍼治療や鎖骨調整という頸椎の矯正法により、より根治につなげるようにしている。
 同様なことは腰痛や座骨神経痛を訴える患者さんにもいえる。腰椎の側弯、変形、骨盤特に寛骨の捻じれや、仙骨の正中軸の傾きなどで表現される骨盤の歪みなど関連した症状であることが理解され、鍼治療や骨盤調整という施術を組み合わせた治療と漢方薬の処方を併せて行い治療効果をあげている。脊椎や骨盤の歪みの生ずる背景にはその人のライフスタイルによる体の動きの積み重ねがあると理解され、それに基づいて木枕による頸椎の手入れや、膝振りによる骨盤矯正などの体の手入れ法を指導してより根本治療に近づけるようにしている。
 不安・不眠、動悸、めまいなどの症状を訴える患者さんも少なくない。いわゆる不定愁訴である。ストレス、過労などにより、交感神経が緊張しっぱなしでおこる、いわゆる自律神経失調症である。検査で異常がないことが多いので心療内科で精神安定剤などを処方されるが効果のない方が多く見える。漢方処方の多くが自律神経のバランスを整えるような効果を目標に組み立てられているので、漢方薬は不定愁訴の治療に欠かせない。
 このように当院の外来に見える患者さんをみていると、現代医学が苦手としている病気や、病気の成り立ちについての考え方の不十分な面がよく見えて興味深い。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ