漢方処方と生活背景

 ある漢方薬を処方するとき、その処方にはそれが効果を発揮する患者の病気の状態が具体的に示されている。例えば葛根湯(かっこんとう)を処方するときは比較的胃腸の丈夫な人が、冷たいクーラーにあたりすぎた状態であるということを示している。それを問診で確認することもあるが、聞かなくてもわかる場合は問診が省略される。鼻炎に小青竜湯(しょうせいりゅうとう)や麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を処方するが、そのような人は生活の中で体、特に胃腸を冷すようなことをしているので、先回りしてその冷えの原因を指摘し、生活を改めるように指導して根治につなげる。また柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)を処方する場合には不安を訴えるので、当然不安の原因があるので、それを明らかにしつつ、不安を解決するような生活指導を合わせて行うことで、漢方薬もよく効くし、根本的な治療にもつながっていくようにする。
 このように漢方では、生活の場における体の調節の不調や、精神的なストレスへの原因への対応不能、嗜好品の不適切な摂取、働きすぎによる過労、不適切な食事などの問題があって起こる症状の組み合わせに対して適切な漢方処方を選択する仕組みになっている。従ってある処方が決まると、その処方が起こってきそうな生活上の問題点を次々に質問し確認していく作業を行い、病気の根本原因に迫っていけると考える。
 生活上の問題点を解決しておかないと、病気の悪化要因が常に作用し続け漢方薬も効果を発揮しにくくなる。
 風邪ならまだ一時的な病気であるから楽で深刻ではないが、加齢による病気や、適応障害による不定愁訴や癌や難病などの場合は根が深いし、何年もかかって起こってくる病気であるから、治療もそう簡単にはいかないのは明らかで、根本的に治すといっても簡単ではないことは理解できよう。
 病気になるにはそれなりの道筋を辿って時間を経て出来上がってくるのは言うまでもないが、その道筋が分かると、処方が決定しやすいし、治療効果が上がるのも道理である。
 加齢による病気の多くは陰虚が原因である。陰虚とは加齢により体の水分の量が減ることである。水分の量を調節するのは性ホルモンで加齢による性ホルモンの減少は避けられないことであるから、体に潤いを与える生薬を組み合わせて症状を緩和する仕組みになっている。そういう視点から眺めると複雑な症状が理解しやすくなる。そうはいっても老化を完全に止めることはできないことは当然であることを忘れてはいけない。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ