スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎症について

 医学部の病理学総論で最初に学ぶ項目が炎症であった。当時はなぜそれを真っ先に講義するかなど考えもしなかった。また教授もなぜそれが重要か話さなかった。いや話したかもしれないが記憶に残っていない。なぜ炎症の概念が重要かということについてあまり考えず、試験に出るから覚えるという程度であった。いま思えば炎症は総論中の総論で飯島宗一学長が厳かに講義された理由を今頃になって気づかされている。
 漢方を勉強し、なぜ人体は風邪を引くと熱を出すのかという基本的なことを考えるとき、人体の炎症反応には必ず発熱を伴うことから、生体反応としての炎症の根本的な意義を考えなければならないと考えた。
 炎症反応は生体組織に対する何らかの障害に対して障害局所に出血、浮腫が起こり、血管が拡張して充血し、白血球が血管外に遊走し、細菌や異物を攻撃貪食、分解し、さらにリンパ球が現れ組織を修復していく治癒過程である。それが肉眼的には発赤、腫脹、熱感、疼痛という症状として観察されるのである。そして炎症はあらゆる部位の組織の障害について同様の過程をとるので病理学の総論中の総論として語られたのであったと改めて気づかされる。炎症論は科学技術の発達に伴って、その物質的メカニズムがより細かく論じられるようになってきた。最近の治験については学ぶ機会がないので調べなければと思うのであるが果たしていない。ただ問題は生体の障害、修復過程でなぜあのような反応を取るかということではないかと思う。
 哺乳類が生きているということは代謝を行い、体温を維持していくことである。これには例外があって、寒い冬食料の確保が困難な場合にはできるだけ無駄なエネルギーの消費を避けるため冬眠を行う動物がいる。低体温に維持し代謝を抑え、心拍数も極端に低下することがわかっている。また夏眠という現象もある。夏の暑い時期や乾季など体温が上がりすぎるので活動を控え、体温の上昇を抑えるための対応と考えられる。冬眠や夏眠は哺乳類が進化の過程で、両生類や爬虫類の時期を経てきた変温動物の名残をとどめるものらしいことを解剖学者の三木成夫の著書で最近教えられた。このような場合の炎症反応はまた少し違ってくるのではないかと考えらえるが、確認していない。ただ環境の温度変化によって体温が左右される両生類や爬虫類の炎症反応は哺乳類とは違うだろうと考える。
 炎症を起こして体温を上げることは風邪の生体反応を見ても、生体が生き延びるための基本的な戦略であるようだ。その炎症の病的過程をできるだけ軽く済ませるように、生体反応を調整することが漢方薬の抗炎症作用であると考えてみることもできる。
 たとえば帯状疱疹では水泡ができて痛みが激しい状態でも、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)などを組み合わせて内服させると血の巡りを良くして充血を改善し、炎症による浮腫を軽減すると急速に痛みが取れることからもそのことが理解できる。
 風邪は全身で反応を起こす過程であり、局所の傷は局所の炎症反応で治まると考えればわかりやすい。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。