FC2ブログ

耳鳴りの受け止め方

 耳鳴は外来における比較的多い主訴の一つである。多くの場合原因不明で、加齢に伴うことが多いためか、耳鼻科の先生には正面から取り上げてもらえないことが多いようで、漢方でどうにかなりませんかと来られる患者さんが多い。耳鼻科で難しいことは漢方でも難しいのが普通であるから、こちらも困ってしまうのである。
 漢方では病気の異常を気血水の異常で考えるので、耳鳴も気血水の異常で考える。つまり、現代医学的には聴神経の異常から耳鳴を起こすと考えると、神経の不調は血の巡りの悪さや神経の浮腫が絡んで耳鳴りが起こり、それに対して気持ちも落ち着かなくなる。多くの場合加齢による変化であるとみなされて、特効的治療薬がないので、何となくあきらめてもらうのであろう。漢方では老化に伴う症状によく使われる、八味地黄丸(はちみじおうがん)や頭痛やめまいに処方される釣藤散(釣藤散)などで有効な場合があるとされている。
 そこで漢方薬を処方するときに、「もし少しでも軽く成ればラッキーと思ってください。」と言うことにしている。なぜなら漢方薬でもあまり変化がないことが多いという印象を持つからである。
 そして聞いてみる。「耳鳴で昼間困りますか? 耳鳴が作業の邪魔になりますか?」と。すると例外なく、「仕事をしているときは全然問題になりません。寝ようとするときに問題になるのです。」とくる。そうなればしめたものである。「そうですよね。すると耳鳴はそんなに昼間の生活をさまたげてはいないですね。するとそれは気持ちの問題ということになりますね。」ということにしている。そこで蝉の鳴き声の話をする。耳鳴は多くの場合遠くでセミが鳴くように聞えるからである。「あなたはセミが鳴いているということで、うるさいから石を投げて蝉を追い払いますか。」するとたいていの人は蝉の鳴き声を気にしていない。「そうでしょう。蝉がうるさいといって追い払おうとする人はおりません。なぜならセミの鳴き声として受け入れ、文句を言っても仕方がないとあきらめているからです。」そこで、「耳鳴りも蝉の声と思って受け入れてください。」と話を収めることにしている。たいていの場合にそれで笑っておしまいということになる。
 最近耳鳴りが脳の働きと関係していることがNHKの“ガッテン”で取り上げられた。内容は自分が説明した、脳の意識のこだわりの部分で問題になると説明していたようで、自分の説明も案外的外れではなかったと思った。
 番組では耳鳴りに注意が向くから気になり、気になるから注意が向くという悪循環が起こる、滝の音を録音したノイズを流すと耳鳴りが気にならなくなり、よく眠れるようになったという。
 昼間仕事で注意が耳鳴りから離れている間は耳鳴が問題にならないということは、そのひとは既に耳鳴りが注意の向け方で問題にならないことを経験し実感しているのである。すると静かな夜に耳鳴りが聞こえるときは、セミの声だと思うことで、気にしても仕方のないことであるというごく当然な感覚に気持ちを切り替えられることを示している。我ながらいい説明だと思っている。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ