FC2ブログ

漢方の立場から新型コロナウィルス感染症を考える

 新型コロナウィルス感染症も感冒様症状から始まるので風邪の一種とみることができ、当然症状に応じた漢方薬を選択することができるはずである。漢方では、風邪は風寒の邪によって体の体温調節機構が対応できなくなる、つまり体温の自動調節ができなくなり、体温を維持するのに発熱という非常手段をとり発症すると私は考えている。コロナウィルスでも北海道やイタリア北部など寒い地域で患者の発生が多いことから、一般の呼吸器疾患のように寒さが発症に関係しているのではないかと考えてみるが、最近の傾向では温暖な地域でも発症がみられることから、必ずしも寒さだけではなさそうである。
 インフルエンザも重症化すると肺炎で死亡することが知られているが、それと新型コロナウィルス感染症とどこが違うかが気になる所である。
 インフルエンザは毎年寒い季節に起こる病気で、人類との付き合いも長く、その全貌が良く知られているので、ワクチン接種による予防が行われ、治療薬も開発され、なんとか人為的コントロールが及ぶと思われているだけ精神的な不安は少ない。またインフルエンザの場合は重症度も判っており、治療者側の感染のリスクもあまり深刻ではないと感じる。一般診療で注意することはマスク、手洗い、咳エチケットくらいで、対応に困ることはない。
 ところが得体のしれない新型コロナの場合は治療者や看護にかかわる医療関係者の診療の負担の大きさから、過労・疲労にともなう免疫力の低下も影響していると思われるが、医療者側の感染による死亡も目立っている。またウィルスの病原性が強力であることが次第に明らかになり、医療関係者にも仕事柄感染に対するリスクが高いだけに精神的負担が大きい。その上伝染病として法律による診療の規制もあり、関わりが面倒なものになっているだけにさらに負担が大きい。
 従って漢方薬の効果を確認するという診療行為が簡単にはできない点で新型コロナウィルス感染症に対する漢方薬の効果を直接確認するということは困難である。
 もし一人の新型コロナウィルス感染症の患者がクリニックに受診し、ウィルス反応が陽性に出たら、クリニックは二週間閉院し、濃厚接触者として職員は二週間自宅待機しなければならないという深刻な対応を迫られる。
 もう一つ際立った現象が、新型コロナウィルス感染症の社会的な影響である。病原性の強さ、重症性から社会生活の規制が起こってきて、経済活動が大幅に制約されるようになってきた。日々の生活にもじわじわとしわ寄せが起こってきている現状を見ると、景気の落ち込みからくる経済活動の停滞がさらに深刻になるのは明らかで、その点もインフルエンザと違うように見える。インフルエンザの感染状況の情報が医師会から届いても、クリニックの外来の状況が特に変わることはなかったが、新型コロナの場合、現状では見えない敵に囲まれているような不安が漂っていることは否めない気がする。
 早くCOVID-19の全貌が明らかになって、インフルエンザ並みの対応が許されるようになれば、外来業務も楽になるのだが。当分は慎重に遠巻きに眺めるしか手がなさそうである。
 何か他にできることはないか。風邪に対する抵抗力をつけることである。冷たい飲食物を控える、しっかり睡眠をとる、疲れやストレスをためないなどである。その上で疲れの溜まっている人は疲労回復の補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を飲んでおく。予測される風邪の症状に対して前もって漢方薬を出しておき、おかしいと思ったら内服して風邪の出鼻をくじく。さしあたりこれくらいしか思いつかない。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ