FC2ブログ

漢方エキス剤の効果は75パーセント

 漢方エキス剤の効果は煎じ薬の75パーセントということを耳にする。漢方のエキス剤は煎じ薬よりは効果が落ちるという意味である。漢方の勉強を始めたときからエキス剤の効果が弱いと聞かされていたので、効かなかったらどうしようということは常に気になっていた。
 いま改めてそのことを考えてみると、それでもいいと今は思えるようになってきた。
 例えばアレルギー性鼻炎である。エキス剤で小青竜湯(しょうせいりゅうとう)や麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を処方する。それで効かない場合は、見立てを誤っているか、薬の効果が弱いかということになる。勉強し始めの頃は経験が少ないので見立てが誤っているだろうと考え、別の処方に変える傾向にあった。長年勉強を続け、経験を積んでくると処方は合っているのに薬の効果が弱いせいであると考えられるようになった。ところでさらにもう一つの可能性は本人の不摂生を考える。つまり本来薬が効くべきであるのに薬が効かないのは本人が薬の効果を打ち消すような生活をしているのではないかと考えるのである。
 そのような観点から見ると西洋薬の抗ヒスタミン剤などは非常に強力で、体が冷えて起こる鼻水、鼻づまり、くしゃみなど鼻炎の症状にもよく効くのである。ところが内服をやめるとそっくり元の症状がでてくるので、治っていない。つまり対症療法であることがわかるのである。
 漢方薬も使い方では対症療法になる。つまり気道を温める効果のある漢方薬で鼻炎の症状が改善するのであるが、抗ヒスタミン剤とは一つ違いがある。それは、漢方処方は病気の成り立ちに対応して組み立てられているので、その構造は病気の原因を教えているという点である。すると鼻炎の漢方薬は気道を温める仕組みになっているので、薬の効果を上げるために体を冷やさないように気を付けるという生活指導、養生が加わらなければならない。それによって病気を根治させ、予防することになる。
 つまり、養生をしっかり行えば、エキス剤でも十分使用に耐えると考えるようになった。若し必要であれば投与量を増やせばよいと考えられるようになった。逆に効果の強い煎じ薬も的確な養生を伴わないと対症療法になってしまうことが理解される。
 漢方における病気の考え方の特徴は、病気の成り立ちが日常生活の生活習慣や環境の中にあり、それが体の平衡バランスを崩して病的過程に移行していくことを示していることにある。それを理解すれば少し効果が弱いとされるエキス剤でも大方対応できると考える。むしろ効果が弱い場合、効果を引き出すため的確な生活指導を行わなければならない分、漢方に対するより深い理解がもとめられるのではないかと考える。大事なことは病気の成り立ちをよく理解し、その前に的確な生活指導を行うことである。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ