FC2ブログ

通院の間隔

 一般的な通院の間隔は病気の種類とその病気の経過によって違ってくる。インフルエンザのように病状が不安定な病気の初期は日々症状の程度が変化するので間隔を縮めて変化を確認し、処方を調整する。症状が落ち着いてくると、処方をあわてて変える必要もないので、一週間おき、二週間おきと通院の間隔も伸びてくる。更に変化の少ない慢性期になると三週間から一カ月毎と伸びてくる。このような傾向はいろいろな病気について当てはまると考える。
 これは診る側から考えた通院の間隔であるが、診られる患者の立場からも微妙な心理的な要因の影響がある。病気の初めは症状が日々変化し苦痛もすぐは良くならないので、つい不安になり毎日でも通って診てもらって安心したいと思う。少し落ち着いてくると間隔をあけても不安を感じなくなってくる。そこで次の外来日は一週間後ではどうですかと確認すると、不安な患者はもう少し早い方がいいと主張する。ところが現金なものでよくなると、来週は用事があるので再来週にしたいと、少し長めの間隔を希望してくる。そこに患者との微妙な駆け引きがある。患者が来月は忙しいので一か月分薬をくださいと言ってくると症状も落ちつき、心も落ち着いてきた兆候であると考えるので、医者の立場としてはほっとする。
 一般的な傾向ではあるが、病状がよくなってくると何かと理由をつけて通院の間隔を伸ばしてくるのが普通である。
 もちろん自覚症状の改善があまりない場合は、もうしばらくは医学的にも間隔を詰めて緊張感をもって診ないといけないと思うことがある。しかし仕事をしている患者さんは、社会生活では時間のゆとりがないため、間隔を伸ばさざるを得ない場合もある。
 このように通院の間隔は病気の性質、医者の立場からの希望、患者の心理と社会的条件などが複雑にからんで決まってくる。
 「次の外来は一週間後でどうですか?」と聞いた時「来週は予定が入って忙しいので再来週にしてください」と返事が来ると、「皆さんよくなってくると忙しくなるんですよ。」と多少皮肉交じりに応え、快方に向かう患者の微妙な気持ちの変化を指摘するようにしている。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ