FC2ブログ

触らぬ神に祟りなし

 “触らぬ神に祟りなし”余計なことをするから悪いことがおこるということの例えと理解しているが、同じようなことが診療の現場でも起こっているように思う。
 漢方をやっているとアトピーや湿疹など皮膚のかゆみを訴える患者さんが多く見える。その治療をしていると、皮膚が何とか落ち着いたころに治りかけた皮膚が痒いためをかきむしって元の木阿弥に戻してしまうことが少なくない。そんな時に“触らぬ神に祟りなし”と叫びたくなる。せっかく治りかけてきたのにと腹立たしくなるのである。
 皮膚の病気を見ていると触らなければそのまま治っていくのにと思われることが少なくない。どうも皮膚は治りかけたころに痒みが強くなるようで、皮膚をかき壊して悪くし、それを繰り返して慢性化して醜い皮膚になっているように見える。だから「できるだけ触らないようにそっとしてください。」と言い続けているが、「わかってはいるんですけどね。」と言われるのが落ちではある。
 風邪などの場合でも薬だけ飲んだら治ると思うのは誤りで、薬が効くように体を安静にする、体を休めることが必要である。それと同じように皮膚の病気でも皮膚の安静を図ることが治るために必要であると感じる。皮膚の安静ということは言い換えると痒いところを触らずそっとしておく、ということである。対処療法でもなんでも、とにかく痒みを抑えてそっとしておくことそれで時間がたてば自然に治っていくと思うのであるが、それを掻いてしまうためうまくいかないのである。
 医師会の会合で皮膚科の先生が「痒い所を掻くと気持ちがいいですからやめられないと思いますよ。」と意外なことを言われた。たしかに何かの拍子で痒みが起こった時に痒いところに手が届くと気持ちがいいということは、快感の表現にもなっているからそれは間違いないのである。しかし悪い皮膚をかいて悪くするのは、後で痛みも加わって辛くなるのであるから、掻くべきでないと思うのであるが、病人にとっては痒いのに掻くのを抑えるのは大変困難なように見える。
 ストレスがかかると悪い皮膚をかきむしって余計に悪くする人も見られる。そこでストレスの漢方薬を併用することもあるが、“触らぬ神にたたりなし”と言い聞かせながら試行錯誤の毎日である。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ