FC2ブログ

過活動膀胱

 年をとると尿が近くなる。これまで頻尿は前立腺肥大症で一回の排尿で完全に膀胱を空っぽにできないため残尿が発生し、それが少しずつ増えて、膀胱容量がいっぱいになるまでの時間が短くなって尿が近くなると考えていた。ところが自分が年をとってきてわかったのは、前立腺肥大症がなくても、比較的少ない量の尿に膀胱が過敏に反応して尿意が起こるため頻尿になることがわかってきた。つまり過活動膀胱である。
 そしてその尿意は、一定時間は続くがそれを過ぎると緊張がゆるんで収まることも観察すると分かってきた。
 そこで過活動膀胱の治療薬は膀胱の緊張を緩めるような薬を使用することになる。
 ところが別の問題も絡んで実際の臨床ではより複雑になっていることが実感された。それは加齢にともなう精神的動揺である。急におしっこがしたくなって慌ててトイレに行こうとするが間に合わずに漏らしてしまうことの精神的なショックが影響していると思われる。大の大人が失禁する。するとこれまでのプライドが傷つき、もう年を取ってしまったという衝撃は決して小さくないと思われる。そのショックで気が動転して踏ん張りがきかず、失禁が常態化していくことに対する不安と恐怖が大きくなる。そしてそのことでパニックになるのではないかと推測されるのである。
 そこで薬以外の過活動膀胱への対処法を研究してみた。この場合尿意の知覚過敏はあるが、膀胱括約筋がマヒしているわけではないのがミソである。膀胱括約筋がマヒしていないのであるから、尿意が強くなっても気持ちを集中して排尿を我慢すれば漏らさないはずである。しばらくすると尿意が弱くなってくるので、そこでゆっくりゆとりをもってトイレに行けばよいのである。それを自分で実行してみるとうまくいくので患者にはそのように指導している。するとしっかり尿意を踏ん張れば漏らさないということを学習し、自信ができ、精神的な動揺も納まるという計算である。
 ただ注意すべきは水を呑みすぎて膀胱が充満しているときは尿意をあまり長くは持ちこたえられないので早めに排尿した方が良いということである。
 先日離島の友人からそのような相談を受けたので、全神経を集中して尿意を我慢する訓練をするようにしたらいいと教えた。久しぶりに同期会で会ったら「あれでうまくいった。お前は名医だなあ。」といわれ自分の考えは間違っていなかったと内心うれしかった。
 ちなみに漢方では残尿感に効く猪苓湯や筋肉のけいれんを抑える芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)などを組み合わせるといいのではないかと考える。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ