FC2ブログ

夏風邪への対応

 風邪は一般的に風寒の邪、つまり冷たい風に侵され、体が冷えることによって起こる。ところが最近外来では暑い夏でも風邪をひいて治りにくいという人が少なくない。なぜ暑い夏に風邪をひくのか問題である。
 このところ毎日最高気温34度の日が続き、最低気温も25度を超す熱帯夜が続いている。普段冷たいものは体に良くないと言い続けている自分も、この暑さには参って、クーラーの設定温度は高めにするようにとその使用を進めている。そのような状況で、冷たい飲食物を摂りすぎたり、クーラーが強すぎたり、薄着をしたり、寝冷えをしたりすることが夏風邪をひく原因であろうと私は自分の経験から推測している。
 私は昨年は何度か風邪をひいて発熱し、気管支炎まで併発し、すっかり健康に対する自信を無くしてしまっていた。今年は幸いにも風邪をひいていないので、昨年との生活上の違いを整理するのも無駄にはならないと思われる。
 寝るときは必ず袖のあるもので肩を冷やさないようにし、タオルケットを掛け、さらに必要なら薄い布団を合わせるようにしている。クーラーを使わないと暑くて眠れない。クーラーのタイマーが切れると目が覚めてしまうので、クーラーはつけっぱなしのほうがいいと考えて、衣服や寝具で冷えないようにした。昼間もクーラーの中では極端な薄着はしないように心がけている。このような対応で幸いにも今年はまだ風邪をひかずにいる。
 あまりにも暑いためクーラーを使用すると、温度調節が非常に難しいという経験をしている。直接風にあたると寒いし、温度を極端に下げるわけにもいかない。厚着をすると汗をかいてかえって冷えるし、薄着をすると冷えすぎて体温調節が極めて難しい。そこでなんとなく冷えると感じるときに面倒がらずに被服やクーラーの設定温度調整を面倒がらずにやることが重要であると感じている。以前は問題なかったのだが、と思わないでもないところをみるとこれも加齢変化かもしれない。
 夏風邪の漢方処方は、あまり悪寒を訴えないので冬の風邪の処方とは違っており、一口にこれだというわけにはいかない印象で、診察によって思いつく処方にしている。微熱があり、体がだるく咳が止まらない人には柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、痰の切れない激しい咳に麦門冬湯(ばくもんどうとう)を処方することもあった。また夏バテで倦怠感を訴える人が多いので、清暑益気湯(せいしょえっきとう)や補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を処方する機会が多い。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ