原因不明の全身倦怠感

 最近体がだるいのに原因がわからないという女性の方が何名か見えた。そんな人は色白の小太りでなんとなく血色が悪く、浮腫んだ感じがするなどの特徴がある。朝起きにくい、頭痛、肩こりなどもあり、何もする気がしないなど、鬱っぽい感じもあり、冷え症であるという症状もある。イライラしやすく生理の前には特にひどい。ところが元気のない割には食欲があり、最近体重が増えている。内科を受診しても特に検査上は問題ないという。
 このような状態だと全身倦怠感の原因が大体見えてくる。甘いものをチョコチョコ食べていて、やめられないでしょう? 特に甘いアイスコーヒーを飲んでいるのではないですか? 睡眠はとっているのに朝起きにくいのではないですか? 果物は食べ過ぎていませんか?
 すると患者さんはすべて見透かされたような感じの顔をして黙ってしまう。
 「砂糖中毒ですね。特に冷たくて甘いものが悪いですよ。また時々甘いものをとるのは構わないが、連続して食べるのが特に悪いですよ。やめられなくなります。」というと「わかりました」という返事がかえってくる。
 連続して甘いものをとり続けると血糖を下げるインスリンが出っぱなしになり、血糖は下がり続けるので結果的には低血糖になる。するともっと甘いものがほしくなる。低血糖の状態は飢餓状態であるから、体は動きたくなくなるし、意欲もわかなくなり、エネルギーを温存する休養モードに体のバランスがセットされるので体がだるくなると仮説を立ててみる。冷たいもので体を冷やすとくしゃみ鼻水の鼻炎になり、頭痛も起こる。さらに生理前にはイライラ気分の落ち込みなどが増幅されて、月経前緊張症や月経困難症なども絡んで病態が分かりにくくなる。
 漢方的に見ると鼻炎は肺の冷え、倦怠感は気虚、イライラは気滞、生理痛は瘀血と複雑な病態になっている。その倦怠感の根本的な原因が甘い物、冷たい物の取りすぎということであるから全体を考慮した対応が必要になる。おそらく現代医学の検査では引っかからないので治療法もわからないと思われる。
また鼻炎、月経前緊張症、月経困難症など個別の症状の治療のみでは全体の病態をカバーできないことは明らかで、そこにこの病態認識及び治療のむずかしさがある。
 漢方の古い先生方が砂糖顔ということを言っておられたことを思い出す。何のことを言っておられるのか当時はわからなかったが、砂糖の過剰摂取ために浮腫んで貧血様顔貌で皮膚がくすんで色つやがないような顔のことを言っていたのだということが最近分かってきた。そのような人は、先に紹介したような特有の病態があることもその意味に含まれていたのだと思われる。
 砂糖や冷たいものの摂取を改めると比較的短期間に倦怠感の症状の改善が認められる。当然他の症状はそれに応じた漢方薬を組み合わせて治療することになる。
 ちなみに野菜のトマトでは乾燥させた土地で栽培すると水分を確保するためグルコースを作り、甘くなり水分を保つということがためしてガッテンで紹介されていた。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ