体温調節の難しさ

 最近私は風邪で体調を崩した。今年は暑い日が続き、職場でも家でもクーラーや扇風機の世話になることが多かった。特に夜間の熱帯夜は寝苦しく、冷房でつい寝冷えをしがちであったし、職場でも夕方になるとクーラーが効きすぎて、体も冷えすぎかなと思うことがあった。そんな中で、どうも冷えにやられたのではないかとひそかに思うことがあった。なんとなく喉が痛み、体がすっきりしないのである。このとき少し仕事のペースを落とすか、朝の運動などの日課を少し減らすなどして調整すればよかったのだが、慣性の法則で簡単には日課の軌道修正ができない。そのうち夜寝汗をかき、体が熱くなったり、冷えすぎたりで体温の調節が難しくなってきた。しばらくすると咳が出て気管支炎のような症状になってしまった。ベッドの敷物では温まりすぎて汗が出る、クーラーは冷えすぎる、扇風機では冷えすぎる。タオルケットをかけると、汗をかいてなんども寝間着を変えなければならなかった。そんな時、イグサでできたゴザをベッドに敷いたら下からのマットの熱が調節されちょうどよかった。そして自然の風による涼しさでやっとで眠れるようになった。上半身に汗をかいて微熱があるので柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、さらに出すぎる汗を止めるために玉屏風散(ぎょくへいふうさん)を合わせて飲んだら汗が少しずつ減り、やっと体が楽になった。抗菌剤も併用した。体温の調節難しいことを改めて実感した。また年齢のことも気になった。
 暑い季節には冷たいものを飲み、クーラーを強くしたくなるのが人情である。しかし冷たいものを飲み、胃を冷やされた体は体温を維持するために、皮膚を引き締めて汗腺を閉じ、汗をかかないように反応すると考えられる。すると体は余計に暑く感じるので、勢いクーラーの設定温度を下げ、思い切り冷やそうとする。すると体が余計に冷やされ、鼻炎、体のほてりなど、冷えによる症状はなかなか治らないどころかこじれていく。冷えに反発して体温が上昇する場合、病気も余計にこじれていくのではないかと考える。
 最近温熱蕁麻疹の人が見えた。体温が上がると現れるタイプのじんましんである。それで熱くならないようにと考えて冷たい水を飲んだようで、汗が出なくなり余計に暑くなり、蕁麻疹もひどくなった。そこで温かいものを飲んだ方が体は汗をかくように反応するので体温は下がりやすいと納得してもらって、飲み物をあたたかくし、体を冷やす薬を処方したらやっと落ち着いてきた。
 また乳がん手術後でホルモン療法に伴うホットフラッシュの場合でも冷たいものをしっかり飲んで暑がっている人がいた。
 このように生活環境における体温調節は薬の効果と体の調節機能が同じ方向に向くように、飲食物の体温調節に対する影響にも配慮し、指導することが効果的な治療につながると痛切に感じる。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ