五十肩の治療

 五十肩、四十肩は最も頻度の高い整形外科的疾患であるにもかかわらず、現代医学的にはその治療があまり効果的でないように見える。消炎鎮痛剤や頸椎の牽引などの治療ではほとんど効果がないようである。
 五十肩は四・五十代の人におこる、肩の痛みと可動域の制限を伴う加齢による病気である。ひどい場合は寝返りを打つのも困難で睡眠が妨げられ、深刻である。痛いので動かさないようにしていると肩関節可動域が狭まり、腕が上がらなくなる。
臨床的には頸椎の捻じれにより、捻じれの方向と反対側の肩に痛みが来るように見える。しかし慢性化すると反対側にも痛みが波及することもある。肩甲骨周囲の筋肉の硬縮も原因に上げられているが、たしかに時間がたつと肩関節の挙上制限が起こり、肩の周りの筋腱の短縮を思わせる所見もみえる。
 頸肩腕症候群のように頸椎のねじれが肩の痛みに関係しているように見える。
 このようなときごく初期であれば頸椎の捻じれを治すと即座に痛みが取れる。最もよくみられる他覚的な所見は肩甲骨外側で肩の付け根にあたる肩井と呼ばれるツボの圧痛である。痛みを我慢してもらって圧痛の部分を強くマッサージしてほぐすと痛みが軽減され、挙上制限が即座に改善されることもある。
 そもそもなぜ五十肩や、四十肩が起こるかという疑問がある。私の臨床的な観察では、利き腕利き脚を持つ人間の宿命として、身体の左右の筋肉の強さのバランスが崩れる結果、頸椎や脊椎は左右のいずれかに捻じれを生じる。そのねじれの蓄積で症状が出てくるのが40~50代であると考えられる。その結果、脊椎の両側に出る運動神経、特に頸椎では肩や上肢の運動を支配するが、その神経に作用し首や肩の筋肉に異常な収縮を起こし、肩関節の動きの制限や疼痛を引き起こすと考えている。いわば頸肩腕症候群の一部ではないかと考える。したがって筋肉の凝りを除く針治療や頸椎の捻じれを戻す鎖骨調整などの治療が有効である。
 当院における五十肩の治療を紹介する。鍼灸の立場から見ると五十肩の痛みは、肩のまわりに圧痛があり、それらは太陰肺経、陽明大腸経、太陽小腸経、少陽三焦経、少陰心経の経絡にある。また首こり、肩こりを伴うので、脊椎両側を走る太陽膀胱経がかかわってくる。したがってそれらの井穴に置鍼を行う。太陽膀胱脛の至陰、厥陰肝経の隠白、そして症例によって手の大腸、三焦、小腸系の井穴に置鍼すると、これで枕テストにおける首の動きが楽になる。つまり針治療の効果がでていることがわかる。また頸椎の捻じれを整復する鎖骨調整を行った後、健康枕で首の捻じれを予防する。また肩甲骨周囲の筋肉のストレッチの運動も日ごろから行うように指導している。挙上制限のある状態で長期間放置されると筋肉や腱が硬縮して治療に時間がかかる。
 漢方薬で二朮湯(にじゅつとお)、葛根湯(かっこんとう)、葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)などと桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、通導散(つうどうさん)などを組み合わせることが多い。
 肩関節の腱板断裂と間違えられることもあるので専門医の受診を勧める事もある。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ