悪寒がない夏の風邪

 風邪の代表的な症状は頭痛、発熱、悪寒である。ところが暑さの続く近頃、悪寒を訴えない風邪が目につく。頭痛、発熱はあるが悪寒がないのである。このような症状を漢方では温病と呼ぶ。悪寒がないということは病気の原因が寒ではなくて熱であることを示している。冬の風邪は冷たい風に当たり、体が冷えたため悪寒が起こって発熱するというように、冷えた体を温めるような悪寒、発熱の症状で始まるが、最近の夏の発熱は熱くなった体温を下げることができないような病態である点で従来の風邪と異なっている。その他の症状は体がだるい、体が火照るなどである。
 また今年は熱中症で気分が悪くなり、救急搬送される人の事がニュースになることが多かったせいか、皆さん脱水には気を付けているように見えるが、それでも皮膚が乾燥して皮膚をつまんだ時の戻りの悪い所見すなわち脱水を示す所見のみられる人が少なくなかった。このような人が何となく頭がボーっとする、体がだるい、微熱がある、口が渇くなどの症状を訴えて見えるのである。意識的に水分補給しているものの十分でなかったり、普通の水分摂取量で発汗を気にしていない場合であったりするようである。このような状態が熱中症の初期の状態で夏風邪の発熱の前触れではないかと思う。そしてそれが進むと体温が上がってくる。
 人間の体温は汗を出すことによって体表の熱を気化熱に依って効果的に冷やすように調整される。従って水分摂取が少ないと必要な時に汗が十分出せないため、熱の放散が十分行われず、体が火照り、口が渇き、何となくだるいなどの症状が出てくる。このようなときに口が渇くので勢いで冷たい水を飲むと、おそらく水は胃にたまって吸収されにくいため脱水が解消されない。なぜなら体は暑いときには汗をかくため体表の血流が増え、胃腸の血流は減少していると考えられる。いいかえると胃腸が冷えて消化吸収の働きが落ちているのである。そこへ冷たい水が入ると胃腸はさらに冷やされて消化吸収機能はさらに低下すると考えられるからである。これは冷たい水を飲んでも腸管から水が吸収されないため脱水の解消にならないことを示している。つまり水分の補給になっていないのである。そこで暑いときは水が胃腸から吸収されるために、ぬるい水を頻回に飲むことを進めている。また梅干しなどによる塩分の補給も必要である。クリニックでは点滴を行うことにより直接血管内に補液を行うので症状の回復が早い。
 体が火照って熱感が強く、口渇がひどいときは白虎加人参湯、体がだるい食欲がない口が渇くなどの症状が軽い場合は清暑益気湯、口が渇く、ほてり、動悸息切れなどがある場合は脱水による心臓への負担が出てきているので炙甘草湯を使う。点滴が可能であれば補液をしながら薬を飲んでもらうとさらに回復が早い。水は天然の白虎湯とも言われている意味がよく理解できると思う。
 夏の発熱は脱水を念頭に治療することが基本であると最近感じる。
プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ