逆流性食道炎について

 逆流性食道炎は外来でよく耳にする病気である。胃液が食道に逆流し、消化液によって食道粘膜が爛れて炎症を起こし、胸痛、胸焼け、ゲップなど不快な症状を訴える。胃と食道の境目は食道が横隔膜を通り抜けるところで噴門と呼ばれて通常は閉じている。噴門は必要に応じて、自動的に開閉して食物や飲み物を通し、逆流を防止するような仕組みになっている。食道裂孔ヘルニア(食道が横隔膜を通り抜ける隙間を食道裂孔といい、その部分が広がって胃や腸の一部が横隔膜の上部の胸腔にすべり出る病気)や胃全摘術などで胃と小腸をつないで、噴門の逆流防止機能が失われると逆流性食道炎になることは容易に理解される。ところが、時には、はっきりした原因もないのに逆流が起ることがあり、それが問題になる。
 逆流性食道炎の現代医学的な治療は、胃酸によって粘膜が爛れるので胃酸の分泌を抑える薬剤が基本になる。また解剖学的に食道と胃の入り口の位置は、仰臥位で寝ると背中に近い低い位置になるので胃の内容物が物理的に食道に逆流しやすくなる。そこで食後しばらくは横にならないようにすることが必要である。また寝るときは右下側臥位にして胃内容物が右下に集まり、腸に流れやすいようにする。このような対応を指示するが、寝てしまえば無意識に仰臥位になったり、左下側臥位になったりするので実行が難しい面もある。症状がひどい場合は逆流を防止するような手術法もあるが、それほどひどい食道炎は少ないのではないかと思う。
 現代医学的な治療を受けていながらも、いつも胸が詰まったような、焼けるような不快感を訴えて漢方外来に見えるのが普通である。
 さて、漢方では逆流性食道炎を気逆と考える。消化管の運動は口から肛門に向かって食物を運ぶから、これを順の気の流れと考える。すると胃または十二指腸から食道に逆流する逆流性食道炎の場合は気逆ということになる。ついでになるが、胃液が逆流はしないものの十二指腸に向かって流れにくく、胃の中に留まる傾向は気滞と呼んでいる。すると腸の中にガスが停滞する場合や、便秘するのも気滞ということになる。
 では、逆流性食道炎の治療を漢方でどうするかという問題になる。逆流する気を順流に戻せばよいことは容易に理解できる。現代医学的には逆蠕動を順蠕動に変えればよいということである。漢方では特に中医学ではこれを理気作用あるいは行気作用と呼んでいる。理気作用の漢方処方の代表は半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)である。その構成生薬の代表である厚朴(こうぼく)は食道の蠕動運動を正常にし、喉元や胸の詰った感じを除く。半夏(はんげ)も胃内容物を腸に送り出し吐き気をとめる。茯苓(ぶくりょう)は停滞した胃腸の内容物の吸収を促し、精神安定作用もある。したがって半夏厚朴湯は喉が詰ったような感じの喉頭神経症や胸部不快感に効く。また陳皮(ちんぴ)、枳実(きじつ)などの生薬は腸の蠕動を促進する。したがって平胃散(へいいさん)や茯苓飲(ぶくりょういん)は胃内に食物の停滞した状態を改善する。つまり胃食道の蠕動を正常にする作用と同時に胃の内容を小腸に送り出す作用もある。これらの処方で不快な逆流性食道炎の症状を改善できるので、胸から腹にかけての不快な症状が取れたと患者さん喜ばれている。
 消化管の蠕動を支配しているのは自律神経である。副交感神経は蠕動運動を促進し、逆に交感神経は消化官の働きを抑制することがわかっている。すると交感神経が緊張し続けるストレスの状態は胃内容を停滞、逆流させやすいことが理解される。従ってストレス社会で過度のストレスが一般的な現代社会では機能的な胃腸障害が起こりやすく、漢方薬による対応が大いに期待されるのではないかと思う。また一方ではストレスが症状を悪化させることを理解してもらい、生活を調える事が大事であることはいうまでもない。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ