新型インフルエンザへの対応

 今年の夏、病院は新型インフルエンザに明け暮れた。
 漢方クリニックという名前によるのであろうか、インフルエンザで直接クリニックに飛び込んでくる人は少なかった。ところが本来漢方は風邪の治療が専門である。漢方の古典に『傷寒論』という有名な本がある。傷寒という言葉は寒によって傷害を受けるという意味で、重症の風邪をさしている。
 『傷寒論』にはいろいろな種類の風邪の治療法や誤った治療によってこじれた場合、治らずに進行し、重症化した場合などあらゆる場合を想定して診断法や治療法を解説してある。いわば風邪の治療のバイブルでもある。しかも診断が正しければ治療効果がシャープにでるという理由で、特に日本で江戸中期以後注目され、研究された書物である。いろいろな症状に対して、それが風邪以外の病気から起こる場合についても、風邪に使う処方を応用して経験を重ねた歴史がある。つまり漢方の治療の基本は風邪の治療にあったのである。
 今年は夏であるにもかかわらずインフルエンザが流行した。一般的にインフルエンザは気道が乾燥する冬に多いとされるが、最近ではあまり季節性を感じさせないほど通年性に見られるのはなぜだろうか。とくに若い子が重症化しやすいという。
 漢方的に考えると現代生活は夏も冬も冷暖房で空気が乾燥し、特に夏も冷える状況にある。常に冷たいものを飲んで腹を冷やし、さらにクーラーでガンガン外から冷やし、その上夜更かしをして睡眠不足になる。すると冷えと過労で免疫力が落ちて風邪を引きやすい状態になるのではないかと考える。
 一般的なインフルエンザへの対策は予防接種とウィルスとの接触に対するものである。飛沫感染にたいするマスクの使用とうがい、接触感染にたいして手洗いを徹底するなどである。これらは病気の原因となるウィルスを避ける点で基本的に重要なことである。
 漢方ではそれに加えて、過労や寝不足を避ける。冷たい飲み物食べものを避け、できるだけ温かい物を飲むようにする。また腹を冷やす果物や生野菜を取り過ぎない。たとえば柿や梨は腹をよく冷やすとされている。身体を冷やさないことで風邪に対する抵抗力、或いは冷えに対する個体の抵抗力を確保することがインフルエンザの予防に大切ではないかと考える。
 インフルエンザによく処方される漢方薬は麻黄湯や大青龍湯とされている。これらの処方は頭痛、悪寒、発熱の症状があり、汗が出ない時に使う。麻黄湯は関節痛があるとき、大青龍湯は麻黄湯をのんでも汗をかかない、より重症な場合で、胸苦しく身の置き所がないようなときに処方する。それ以外にも症状に応じて葛根湯、桂枝湯、桂枝麻黄各半湯、麻黄附子細辛湯などを使うこともある。いづれにしても安静にし、薬を飲んだ後は温かくしてジワッと汗をかくようにすれば解熱する。つまりこれらの漢方薬は身体を温めて汗をかかせるしくみになっている。冷えた身体を温めて風邪をなおすのである。
 さらに特に注意することは新型インフルエンザの場合急速に症状が進行することがあるので、できるだけ早く治療を開始すること、解熱せず、呼吸困難や咳・痰などが出てくるようであれば再度診察を受けることが重要である。
 西洋医学的にはタミフルやリレンザなど有効な抗ウィルス薬がある。できるだけ早く治療を始めることがポイントである。
 夏に冷たいものを飲んだり、甘い者を食べすぎたり、クーラーで冷えた人たちは風邪をひきやすい条件が備わっているので特に注意が必要である。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ