秋から冬の天候と健康

  夏の暑さから徐々に涼しくなり、冬の気配も感じられる。南風が北風に変る。気温が下がり、湿度も下がる。特に夜間、明け方に顕著になる。ところが昼間は20度あるいは25度を越すこともある。すなわち最高気温と最低気温の差が大きくなり、空気が乾燥する。身体にとって体温調節が負担になる季節です。
  すなわち恒温動物である人間には気温の変化に対する自動調節の範囲を時には超えてしまうかもしれません。例えば夜寝るときは寒さを感じないので袖なしの衣服で床に着いたのに、寝ている間に布団を撥ねのけて、明け方に気温が下がり、寒気を感じたり、喉をやられたりすることがあります。せめて半そでにしておけばよかったと思うことがあります。空気が乾燥するので特に体の水分の割合の少ないお年寄りには、気道の加湿機能が微妙に落ちるので、喉に乾燥して不快感を覚えることが多いようです。
  日頃の服装については、少し涼しくても多少我慢すればいいというのではなく、転ばぬ先の杖で、早めに、温かめ一枚追加することが必要ではないかと思います。このように微妙な被服や寝具の調節が体調を崩して風邪を引くかどうかの分かれ目のように感じております。
  そのように神経質に感じるのは自分が少し年をとったせいかも知れません。
  夏の間つめたい飲み物で身体を冷やした人たちは、治まっていた鼻炎が再発し、あるいは喘息様の咳をするようになります。今年の夏不摂生した人たちには、今年の冬はまめに漢方薬をのみ、『来年の夏は身体を冷やさないように気をつけて来年の今頃は症状が出ないようにしましょう。』と、気の長い話をしております。
  また皮膚が乾燥しがちなお年よりのかたが痒みを訴えるのもこの季節です。冷え症の人たちも末梢の循環が悪くなり、皮膚が乾燥して痒みを訴えることがあります。漢方薬では当帰飲子を処方し、保湿クリームやローションを併用します。夏の湿度で悪くなったジクジクタイプのアトピーは少し楽になる傾向が見られます。
  ひどい冷え症の人は夏に下痢することもありますが、涼しくなると更に腹の冷えが強くなり、腹痛を訴えることもあるので、特に腹を冷やさないような注意が特に必要になります。
  このように季節の変化に合わせて微妙に身体も適応しておりますので、それを察知して、気候の変化に合わせた生活の調整をすることが健康維持の秘訣になります。考えてみれば当たり前のことであります。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ