アキレス腱炎

  自分の健康維持のためにストレッチと軽いスクワットや縄跳びをこの数年間ほぼ毎日続けてきた。数ヶ月前から少し右のかかとが痛み出した。最初は少し痛いだけで歩行時に痛むことはないので運動を続けていた。ところが最近少しずつ痛みが強くなり、ついにびっこを引くまでになってしまった。以前にも覚えがあるアキレス腱炎である。アキレス腱が踵骨付着する部分に炎症が起こったのである。原因はその場所に過剰な負荷がかかり、小さな損傷が重なって炎症を起こしていると考えられる。そこで止めておけばよかったのに少し我慢すれば運動できるものだから続けていた。とうとう我慢できない痛みに発展してついに運動をとめた。
  痛みが出れば体に過剰な負担になっている証拠であるから運動を調整するのが当然であるのになぜそうしなかったのか。自分の気持ちの中にできるだけ長く基礎体力を維持したいという願望があり、メタボリックのこともあり、運動を減らしたり止めたりすると運動能力の低下につながるという思いがそうさせなかったのだと思う。
  患者さんへ対応であれば躊躇せずに運動量の調整を指示するのに、自分のことになるとそうはいかないらしい。いよいよ運動するのがつらくなるまで続けてしまったのである。見方を変えると体が痛みを起こして反対の実力行使を行い、運動を止めさせたといえる。さらに別の見方をすれば、自分の意識は体を思いやっていないとも言える。いつもそのことは患者さんには説明するのであるが自分のことは例外にしていることが明らかになった。
  能力の維持、向上には鍛錬を続けることが大事であるという基本的な考えが自分の中にある。それによって現在の自分があると思っているので『継続は力なり』と普段口にしている。ところが鍛錬によってどこか不具合が起こるということは、方法がまちがっているか、やりすぎかどちらかである。
  この年になると体のひずみは強制不能なまでに蓄積されてくるため、歪んだ体の許す範囲の運動負荷と時間を考慮しなければならない。自分では許容範囲内と思っても、体が拒否反応を起こしてくればやりすぎであったと謙虚にそれに従うのが道理である。
  ときどき老人でもスーパーマンのようなことをしている報道がなされ、自分もかくありたいと願わずにはおれないこともある。しかし自分の体の許容範囲を見極めながらあせらずにやることであると反省しきりである。自分より若い人たちと張り合うこと、或いは若い頃のイメージがんばることは怪我の元であると実感するこの頃である。
  その後アキレス腱炎の状態は運動を控えることで沈静化しつつある。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ