なぜ風邪をひくと発熱するのか?麻杏甘石湯、小柴胡湯の成り立ち

 風邪をひくと寒気がして発熱する。しばらくするとくしゃみ、鼻水が出て咳をする。咳をするとき痰が出るが、痰が黄色いと肺の熱があると漢方では解釈する。なぜそうなるのかこれまで考えず、ただそうなっていると覚えてきた。しかしその反応は体の生命維持の仕組みの結果であるから、すっきりした理由があるはずである。最近やっと腑に落ちる理由を思いついた。
 恒温動物である人体は神経・免疫・内分泌のホメオスターシス維持システムにより体温を調節・維持している。そこに強力な寒冷刺激が作用すると、自動調節による体温維持の限界を超えるため、発熱装置にスイッチが入り、悪寒に続き発熱が起こると考えられる。この時寒冷刺激が強烈であるほど、発熱も強力になるのは理解できる。強力な寒冷刺激による激しい悪寒に伴う発熱反応がおこる一連の経過を漢方では傷寒と呼んだ。その時寒さに反発して発熱はしたものの、熱が上がりっぱなしになり気分が悪くなる。そこで何とか早く正常の体温にもどそうとするとき、冷えた体表を強力に温めて、寒邪を排除しようとするのが麻黄湯(まおうとう)の作用であった。麻黄湯は発汗作用により解熱するとされているが、発汗する前に麻黄の辛温の性質で体表を温め、まず体温をまず上げる。体温がある一定の温度(セットポイント)にまで上がると、今度は体温を下げるための発汗装置が作動して、汗により余分な熱を排除し、平熱に戻ると考えられる。
 そこからが問題である。悪寒・発熱が続くとしばらくして喉が痛くなり、咳が出てさらに激しくなると痰が出る。痰が粘稠で、黄色くなると肺に熱が及んだと考える。つまり炎症を起こす。これは何を意味しているかが問題である。悪寒によって強烈に体表が冷やされるとそれに対する反作用としての発熱の影響が、気道に及び、より深く、広く起こった結果と考えれば納得される。すなわち体を冷やす寒冷刺激(寒邪)は体内では反作用としての発熱として表現され、さらに深く進むと、炎症反応として咽喉頭炎、や気管支炎となり、黄色い、粘っこい鼻汁や単に変わるのである。その熱すなわち炎症に対応した生薬が石膏で麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)という処方になっていると考えればその変化が納得でされる。
 また寒冷刺激がさらに強力で皮下組織まで及んだ時、そこで反発して高熱が起こる。そのとき、石膏の入った強力な発汗剤である大青龍湯(だいせいりゅうとう)で治療すると考えると病気の流れが納得される。
 さらに冷えに対する反発としての発熱が消化管に向かって行くと、悪寒、発熱を繰り返す往来寒熱の熱形となり小柴胡湯(しょうさいことう)の病態になっていくのではないだろうか。あるいは強力な寒冷刺激が皮下に作用して皮下の強力な発熱を引き起こして、発汗しても解熱しないほどに熱を帯びたとき、陽明病経証の白虎湯証になるのではないか。発熱が消化管に及び発熱しても解熱せず、全身に熱が及び、高熱のまま脱水が進み、便が固く便秘に至った状態になったのが大承気湯証と考えればすっきりする。 
 すなわち寒冷刺激が強いほど反作用としての発熱が強く、広範囲に及び少陽病や陽明病にまでなると考えた。
 陰病になる場合は寒冷刺激に対する発熱という反作用が起こらずに、冷えが体が体の深部に及び機能低下に陥って悪寒、食欲不振、下痢を起こしてくる。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

フクロウ型の人たち

 体がだるくて朝起きれない。昼前までだらだらと寝て、昼過ぎからやっとエンジンがかかり、夜遅くまで起きるような生活パターンの人たちをフクロウ型というそうである。夜行性のフクロウの習性に例えてそのような名前が付いたと思われる。このような人達は昼夜の地球のリズムに対して自律神経の切り替わり、すなわち夜間の副交感神経優位から昼間の交感神経優位への切り替わりが遅れていると推測される。体のリズムが昼型社会のリズムとずれるので、学校・社会生活に支障をきたし、深刻な問題となる。内科で診察を受けて起立性低血圧という診断はついても、他の検査に異常はなく効果的な治療がない。 
 漢方の成書では苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)を多めに飲むとよくなるとされている。苓桂朮甘湯は桂枝・甘草・茯苓・白朮の四味の生薬からなる。桂枝・甘草の組み合わせで心臓の動悸を鎮め、茯苓、白朮で胃腸の働きを良くし、腸から水分の吸収をよくする結果、循環血液量が増えて動悸も立ちくらみもよくなるような仕組みの処方である。すなわち交感神経の興奮を鎮め、副交感神経を活性化する、いわば自律神経を調整する処方である。
 漢方の古典では、風邪を引いて発汗在や下剤などで治療してもよくならないときにこのような苓桂朮甘湯の有効な状態が起こる場合があるとしている。
 最近朝は元気がなく、やっとで起きて学校に行っても教室には行けず、保健室で休んでいるというという女の子が来た。青白い顔、冷え性、なんとなく浮腫みっぽく、生理痛もひどいし、頭痛やめまいもあるという。いじめなどの問題はないようである、先に紹介したフクロウ型のタイプのように見えた。ところがこの子の場合は猫背で姿勢が悪いので、頸椎のレントゲンを見たところ、頚椎が左に傾く、いわば側弯の形になり、棘突起も右側に寄り、大きく右に捻じれたような変化を伴っていた。このようなレントゲンの所見があると、首を反って天井が見にくい、首が回りにくいなど頸椎に動きの制限が起こり、自律神経が不安定になる。
 針の治療を行い、鎖骨調整により頸椎の歪みを治したら首の動きがよくなると、気分もよくなったという。苓桂朮甘湯、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などを処方して治療を続けたらみるみる元気になり、普通に登校できるようになった。
 このように苓桂朮甘湯は動悸、立ちくらみなど、自律神経の働きが弱いようなときに使う。元気な人は日常の動作に交感神経を興奮させる必要はないが、フクロウ型の人たちは、体に少し負担をかけると交感神経が緊張し、胃腸の働きも抑制され、無理が効かないのではないかと思われる。診察すると胃内停水、胃に水が溜まってポチャポチャと聞こえ、臍の上に動悸が触れるなどの腹部の所見が見られる。
 このようなことからフクロウ型の背景には頸椎の歪みに伴う自律神経失調があるのではないかと考える。

何故病気になると発熱するのか

 人間の最も代表的な病気は風邪であるが、風邪の初期症状は頭痛・悪寒・発熱で、発熱を伴うことが多い。風邪以外の感染症でも例えば細菌性疾患でも発熱するのがふつうである。膠原病や白血病なども原因不明の発熱で発症することがある。発熱が人体の病気の最も一般的な症状であることは間違いないが、人体はなぜ熱を出すのだろうか。
 人間は恒温動物で哺乳類に分類されている。恒温動物はどのような環境下でも体温を一定に維持できるように進化した体温調節機能を備えて、活動における最大の自由度を獲得した。ところがいつでもどこでも活動できる自由と引き換えに風邪を引くことを余儀なくされたように見える。
 体温を維持するということは、生まれてから死ぬまで代謝活性を維持し、熱を発生させなければならないことを意味する。そのために燃料となる食物を消化管から吸収し、それから燃料を精製し、その燃料を呼吸器である肺から取り入れた酸素で燃やし、熱を発生させ、体温を維持する。使用済みの酸素は炭酸ガスCO2として呼気によって排泄する。さらに体温の調節は呼気の水蒸気や汗、尿、糞便に含まれる温かい水分として排泄されることにより余分な熱を排泄することによって行われる。つまり水分の排泄量を調節することによって体温を調節するように進化してきたのである。人体も水の惑星地球と同じように水の循環・調節による恒常性を獲得したのであった。そして体温を維持できなくなると死を迎える。
 ところで体温の調整は水の排泄量を自動的に調節することによって行われるが、それは具体的には発汗、排便、排尿による水の量を調整することによるが、それらは自律神経とホルモンの働きによって行われる。
 ではなぜ人は発熱するのだろうか。風邪を引くのは自動調節で体温を維持できなくなった時である。かなり気温が下がったのに薄着をしていて自動調節で体温を維持できなくなったとき、体温コントロール中枢が非常用の体熱産生装置のスイッチを入れ、悪寒と震えが起こり、筋肉の収縮により熱を発生させる非常用発電を起こし、体を温め体温を上げる。その非常用発電でも十分体温が上がらない時に葛根湯(かっこんとう)や麻黄湯(まおうとう)でもう一段皮膚を温めてやると、十分温まったところで体は発汗して、解熱する。十分温まった体温レベルをセットポイントと呼んでいる。
 冷えの程度が強く体の深部まで冷えると、より広範囲の組織が熱を帯びてくる。すなわち病気が進むと、より深い範囲に発熱するので、熱を冷ます方法も一筋にはいかない。風邪の場合、少しこじれた場合、咽喉や気管や気管支あたりまで熱を帯びると咳が止まらなくなり、粘っこい黄色みを帯びた痰を出すようになる。漢方ではこの状態を肺熱と呼び、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)を使う。これには石膏が入っており気道や肺の熱を冷ます作用があり、その結果咳も収まる。
 インフルエンザのように、より強い寒さにより強力に体が冷えると、生体は思い切ってセットポイントを上げ、熱により身の置き所がないような状態になる。そんな時、大青龍湯(だいせいりゅうとう)により強力に発汗させ熱を下げるのであるが、その中にも石膏が入っている。
 生体の代謝活性が旺盛であると、より強力な冷えに対しても広範囲に発熱して炎症を起こすが、このように激しい発熱反応を起こすことができる病態を陽病という。反発して発熱した結果ひきおこされた、より深く段階的に広がる範囲の熱を冷ますため、その部位に因り発汗、下痢、排尿など、水を排泄する種々の作用の薬を組み合わせて、体温を下げる処方が組み立てられた。発熱する人体で、その体温を調節するための適切な生薬を組み合わせすなわち漢方処方を見つけるのに一定の学習と経験が必要となる。
 外の冷えに対して反発する力が弱く、体がどんどん冷えてしまう場合を陰病という。人参や乾姜、附子など代謝活性をあげる生薬の入った処方を使う。
 人間はいつでもどこでも活動できるという自由と引き換えに風邪を引くという宿命を背負ったように見える。また清涼飲料水やクーラーなど、そんなに強くない冷えの作用でも、長く繰り返しているうちにボディーブローのように効いて、体の深い部分まで冷え、その反発で発熱し、膠原病などの複雑な病態の慢性炎症性疾患を引き起こしてくるように見える。
 そのような観点から体温の調節を眺めたら、新な病気の治療のヒントが得られそうである。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

自己免疫疾患と心の問題

 自己免疫疾患という難病のグループがある。免疫という考えはジェンナーの始めた種痘に始まる。人がある病気にかかれば、その病気を引き起こす病原体に対する抵抗力を獲得し、同じ病気に二度とかからない体の仕組みをさす。インフルエンザワクチンのように病原性を弱めた弱毒のウィルス株を故意に感染させ、そのウィルスに対する抗体を作らせて重症の本来のインフルエンザにかからないようにするのである。
 このように免疫は外から入り込む病原体に対する防禦機能であったのに、近年どういう訳か、免疫の仕組みが自分の身体に対して攻撃を仕掛け、自分の組織を破壊する病気が見つかってきた。これらを自己免疫疾患と呼んでいる。つまり外からの細菌やウィルスから自分を守る仕組みで、自分の身体を傷つけるような反応が起こった病気である。
 最初に見つかったのが、甲状腺組織に対する自己抗体が自分の甲状腺組織を壊す橋本病であった。組織の破壊が起こると最初は甲状腺ホルモンが漏れ出して甲状腺機能亢進症になることもあるが、進行して甲状腺が壊れてしまうと甲状腺機能低下症になり、自分の組織でホルモンをつくれないので甲状腺ホルモンを内服することになる。
 また関節の軟骨や腱など、いわゆるコラーゲンの膠原繊維に対する自己抗体ができ、膠原線維を破壊し、その結果、全身の膠原線維を含む組織に炎症を起こしてくるのがいわゆる膠原病である。その代表的な病気がSLEすなわち全身性紅斑性狼瘡という難しい名前の膠原病である。膠原線維は血管の壁の材料でもあるため、全身のあらゆる血管の炎症を引き起こしてくる。膠原線維はわかりやすく言うとテビチの軟骨の成分で、臨床症状の特徴は関節や血管、筋肉などの炎症として現れる。つまり関節が腫れて熱をもって痛み、さらに皮膚や内臓の血管の炎症により、微熱や全身の内臓の症状を起こしてくる。特に関節がやられるのが慢性関節リウマチである。そしてこれらの病気の診断に使われるのが免疫反応にかかわる血液中のさまざまな自己抗体の検出である。
 治療は炎症を抑える消炎鎮痛剤、ステロイド剤や抗がん剤を転用した免疫抑制剤が基本になる。漢方では消炎作用のある柴胡剤、関節症状を風湿とみて麻黄剤や利水剤を処方する。慢性期には駆瘀血剤が必要になる。
 リウマチや膠原病の患者さんを見て気になることがある。病気になる前のその人の心のあり様を医学的に病前性格とよぶが、これらの患者さんには共通の病前性格があるように思う。非常に生真面目、几帳面である。何でも一所懸命にやる。がんばってもできない事があると周囲に申し訳なく思い自分を責める。病気で調子が悪く、思うように仕事ができないから、症状が落ち着いたら怠けた分を取り戻そうと以前にも増してがんばろうとする。さらに、病気で思うように働けない自分を情けないと思い、自分自身を責めるのである。
 何故身体に自己抗体が作られるのかよくわかっていない。私の臨床経験ではどうも自分を責める気持ちが自己抗体を作らせ、自分の身体を傷つけているのではないかと最近考えるようになった。医学的根拠があるわけではないがそのように考えて対応したほうが病気の予防・再発の予防につながるのではないかと思えるからである。
 もし、自分を責める心の働きが、物事を思いつめることであるとすれば、その思い込みが大脳辺縁系の心の作用である情動すなわち激しい怒りや、憂い、かなしみなど感情の作用として自律神経、ホルモンのバランスに影響して、免疫系に作用して自己抗体の産生を刺激し、自分で自分の身体を破壊するのではないかと考えてみたのである。
 そのような仮定にたって自己免疫疾患の患者の心のあり方を軌道修正するならば、自分を責めないで、自分をいたわるように病気にたいする考えを切り替えればよいのである。すると自分を攻めることから心が解放されるので自律神経の緊張が緩み、病勢も弱まり、薬による治療効果も上がるのではないかと考える。
 一方自分を責める心が自分の魂を責めた場合にうつ病になるのではないかとも考えてみた。自分を責め続けることが度を越してくると心も身体も自己破壊を起こす身体の仕組みがあるのではないかと考える。すると病気の治療や予防には自分をいたわることが大事になってくる。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

偏らない心、こだわらない心、とらわれない心

 『偏らない心、こだわらない心、とらわれない心、広く、広く、もっと広く』
大学時代に参加した薬師寺管長故高田高胤師の金堂再建勧進の講演で、仏教特に般若心経の真髄をわかりやすく紹介された言葉であった。
 煩悩具足の凡夫である我々の日常の心が、偏り、こだわり、とらわれているのは当然のことであるが、幸か不幸か心は目に見えないため、それを直接確認することはできない。そこで心の歪みの手がかりを目に見える形で捉えられないかというのが医学的な課題になる。
 結論を言うと、身体の歪みはレントゲンで骨格の写真を撮ると、骨の歪みとしてみることができる。そこで心の歪みが骨格の歪みに関連していないだろうかということである。心は見ることはできないが、心の偏り、こだわり、とらわれによる心の歪みが背骨や骨盤にも加わっていると仮定するならば、心の歪みを骨格の歪みで、すべてとは言わないまでもある程度評価することができることになる。
 一人静かに自分の心のありようを振り返るとき、心のひずみが感じ取られてくるのではないかと反省することはよく経験するところである。または他人が面接することにより、その人の物事への対応を確認し、一般常識からのずれを評価することも日常それとなくなされている心の歪みの評価である。
 そこで、こころの歪みはストレスとして身体に影響を及ぼすとなれば、体のゆがみから心の歪にアクセスできるのではないか、というのが今回のテーマである。
 心がなにかにとらわれると心は落ち着かなくなる。動悸が起こり、不安になる。さらに寝付きにくいか眠りが浅くなる。このようなことが続くと血液検査では白血球のなかで好中球とリンパ球のバランスに変化が起こる。具体的には不眠やストレスなどで交感神経の興奮が持続するとき血液中の白血球の好中球が増え、リンパ球は少なくなる。このような状態では筋肉に血液を送る細動脈が収縮する。そして筋肉の血流が低下すると首筋や肩や背中の筋肉がこってくる。全体として気分も身体も何となくすっきり落ち着かない状態になってくる。これらが医学的には不定愁訴と呼ばれる状態である。そのような状態が長く続くと身体の左右の筋肉の緊張のバランスが微妙に崩れて背骨や骨盤の歪みとして蓄積されてくるのではないかと考えてみるのである。そこでその捻じれや歪みをレントゲン写真で確認すると、心の歪みの蓄積を目に見える歪みとして確認できることになるわけである。しかし身体の歪みのすべてが心の歪みに起因するとは言い難い。特定のスポーツ或いは職業では特定の部位の筋肉を、特定の姿勢で使い続けることが身体の歪みを生ずることは容易に理解できることである。したがって生活習慣以外に心の偏り、ストレスもなども骨格の歪みに影響しているのではないかと考えるのである。
 脊椎や骨盤の捻じれ、歪みは微妙なものである。その影響は現代医学的にはほぼ無視されているといってよい。それは微妙な変化であるだけに因果関係がわかりにくいこと、治療法も明らかでないことに原因があるのではないかと考えている。またその歪みが直接命に関ることではないので、不定愁訴と同様に現代医学的には無視されている所以ではないかと思う。
 整理すると生活習慣や運動、肉体的作業による偏った身体の動きが、身体のバランスの崩れ、すなわち微妙な骨格のゆがみを生ずるとするのであるが、更に心の偏りも身体の歪みとして骨格に蓄積されると仮定する。すると骨格の歪みを調整することは心の歪を直すことにもなる。
 そこであのヒポクラテスの言葉である。『心に起こったことは必ず身体に影響を及ぼす。』逆も真なりで、骨格の歪みをなおすことで心の歪みを正すことに迫っていけるかもしれないのである。
 鬱の人や不安神経症、ストレスにさらされている人たちは肩凝り、頭重や、何となくうっとうしいという症状を持っており、レントゲン写真で多かれ少なかれ頚椎の捻じれを伴っている。それを治すことで気分が明るくなるという変化を多く経験するにつれてあのように考えるようになってきた。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ