FC2ブログ

四物湯について

 四物湯(しもつとう)は当帰(とうき)・川芎(せんきゅう)・芍薬(しゃくやく)・地黄(じおう)の四味からなる補血の漢方処方である。補血とは「血を補う」という意味であるから、貧血にいいと思われがちであるが、貧血が良くなるというよりは貧血によって起こった組織の劣化症状を改善すると考えた方がよさそうである。
 血虚によって起こる症状は、血色が悪く、皮膚は潤いがなく、かさついて、髪の毛が抜け全身状態が悪く、それぞれの臓器の働きが低下してくると考えられ、多彩な症状が起こる。
 『金匱要略』(きんきようりゃく)という古い漢方の教科書には四物湯は記載されず、四物湯に艾葉(がいよう)・阿膠(あきょう)・甘草(かんぞう)を加えた芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)という処方が載っている。艾葉・阿膠は子宮からの出血を止める作用があるから、出産のとき出血多量で貧血になり、しかも血が止まらないときに処方される。
 最近注目されていることは、血虚が単なる貧血、つまりヘモグロビンが少ないということではなく、血液そのものの組織に対する作用、すなわち組織への栄養供給が低下するのでその作用が衰えるという見方をしていることである。
 四物湯は少し前に精神科領域で桂枝加芍薬湯合四物湯(けいしかしゃくやくとうごうしもつとう)すなわち“神田橋処方”として注目されたことがあった。神田橋譲治先生によるとパニック障害のフラッシュバックの症状が改善するというのであった。なぜフラッシュバックに効くのか思いつかなかった。
 先日の漢方学会では九州支部会長の田原先生がめまい・立ちくらみや集中力低下を訴える不登校の子供たちに四物湯を含む漢方処方したところ症状が改善した例を報告しておられた。四物湯が精神の働きを回復させたということは四物湯が脳細胞の栄養不良を改善したと考えるべきであろう。それを裏付けるように血液検査ではストレス関連のホルモン機構の活性化を意味するACTHおよびコルチゾール値の上昇が確認されたということであった。つまり脳のホルモン分泌細胞の活性化が証明されたと理解されるのである。
 身体にはいろいろな組織に多種類の細胞があるわけだから、それらの臓器の栄養不良があれば四物湯を含んだ処方を処方すればその機能回復が計られると考えられる。
 そこで思い出したのは恩師小川新先生の言われたことであった。小川先生は漢方における瘀血(おけつ)という病態が難病に関与していることに注目され、日本瘀血学会を立ち上げられた。そして瘀血の腹証の研究もしておられたが、その時に四物湯の腹証を見つけた話をされていた。下腹部の腸骨の内側から側腹部にかけての抵抗圧痛、鼠経上部の抵抗圧痛、恥骨結合上部の不揃いの抵抗が四物湯の腹証であると言われた。その頃私は漢方の初心者で駆瘀血剤その他の基本的な腹証の習得に手いっぱいで、四物湯の意義の理解まで考えが及ばず、聞き過ごしたのであった。最近になってやっと血虚に対する四物湯の臨床的意義などが理解できるようになったら、小川先生の言われたことが思い出され、その意図を少しは理解できるレベルになった気がしている。
 鼠経上部の抵抗圧痛は腸腰筋の凝りではないかと思う。腸腰筋の抵抗の左右差は骨盤の歪みやや背骨の捻じれとなって上部脊椎に連動し、その結果交感神経の過緊張に関連し、自律神経や内分泌中枢にも影響すると考えれば全体四物湯の全身への効果の解剖学的理解につながっていくではないかと思い至った。やっと自分が取り組んだ脊椎骨盤の臨床と四物湯の接点が見つかるところまできたような気がする。
 また、補血の治療が組織や細胞の栄養供給につながるとしたら、組織の老化、変性などによって起こる萎縮した組織の再生にも四物湯が関与すると考えられる。すると血虚・補血は治療学に計り知れない役割を果たすことが考えられ、その可能性を思うと気持ちが震えてくる。これで少し新しい可能性に向かって進めそうである。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

交感神経の緊張と副交感神経の機能低下

 自律神経には交感神経と副交感神経がある。交感神経は昼間活発に活動するときに働くエネルギー消費の神経、副交感神経は夜休むときに活発に働くエネルギーを蓄える神経である。
 交感神経が緊張すると呼吸が早くなり、心拍数が増え動悸を感じ心肺機能が高まる。それによって動物は危機を脱する仕組みになっている。生理学ではfight-or-flight reaction、つまり闘争・逃避反応と呼んでいる。その時、副腎からアドレナリンやストレスホルモンが分泌され心肺機能が高まり、筋肉の血流が増加し、危機を回避できるように体が反応する。これは正常の機能である。つまり身が危険を感じたときに起こる反応であるから、危険を感じないときは動悸も起こらない。ところが過労や緊張を長時間続けると交感神経の緊張状態が続くので普段の安静時にも動悸が起こりやすく、食欲もわかないという状態が起こりえる。
 さらに交感神経の緊張状態が続きその人が臆病な性格で、少しのストレス刺激に過敏に反応すると仮定するとその人はどのような症状を呈するのだろうか。交感神経に対するちょっとした刺激で動悸が起こる。また交感神経の緊張で副交感神経の働きが抑制されているので胃腸の動きは極端に抑制される。それで食事も欲しくなくなる。そこで不安が起こったら、動悸が簡単に起こるし吐き気も起こりやすくなると考えられる。このような症状が実際に起こった人がいたのである。食べ物を見ただけで動悸が起こるというのであった。
 このような場合、西洋医学的な対応では各種検査で異常なし、治療の糸口が見つからないと思われる。せいぜい抗不安薬で不安を和らげて自律神経のバランスが戻るのを期待することであろうと思う。
 ところが漢方薬では怒り、不安などを鎮めて交感神経の緊張からくる、副交感神経の抑制つまり胃腸の働きを抑える効果を改善する処方がある。いわゆる肝気欝結(かんきうっけつ)に有効な柴胡剤(さいこざい)である。さらに副交感神経の作用が抑制されて起こる消化管の蠕動異常を調える処方がある。半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)の類である。消化管の蠕動抑制が長引くと胃内に食物や胃液が停滞し、胃もたれ・ゲップなどの症状が出る。そのようなときに胃の内容物をスムーズに十二指腸へ送り出し、消化吸収を促進する作用の六君子湯(りっくんしとう)などの処方を使う。同じような状態で動悸や立ちくらみが起こる時に苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)を使う。さらに元気がなく胃腸が冷えて下痢を伴うような場合に人参湯(にんじんとう)や大建中湯(だいけんちゅうとう)、真武湯(しんぶとう)などと副交感神経を刺激・強化するする処方が漢方では目白押しである。 
 このようにみると漢方を抜きに自律神経の不調を回復させる治療法は極めて難しいことが理解されてくる。
 とくに漢方薬の治療効果で注目したいのは副交感神経を活性化する方法として二つの方法があることである。一つは怒りや不安を鎮める、つまり交感神経の興奮を鎮めてその結果副交感神経に対する抑制を取る間接的方法。もう一つは副交感神経そのものを刺激する方法。具体的には直接胃腸の働きを活性化する治療になる。さらにもう一つはこれら二つの方法を組み合わせて同時に行うことである。漢方薬の生薬構成をよく見ると処方はこのような原則にそって組み立てられている。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

漢方処方と生活背景

 ある漢方薬を処方するとき、その処方にはそれが効果を発揮する患者の病気の状態が具体的に示されている。例えば葛根湯(かっこんとう)を処方するときは比較的胃腸の丈夫な人が、冷たいクーラーにあたりすぎた状態であるということを示している。それを問診で確認することもあるが、聞かなくてもわかる場合は問診が省略される。鼻炎に小青竜湯(しょうせいりゅうとう)や麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を処方するが、そのような人は生活の中で体、特に胃腸を冷すようなことをしているので、先回りしてその冷えの原因を指摘し、生活を改めるように指導して根治につなげる。また柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)を処方する場合には不安を訴えるので、当然不安の原因があるので、それを明らかにしつつ、不安を解決するような生活指導を合わせて行うことで、漢方薬もよく効くし、根本的な治療にもつながっていくようにする。
 このように漢方では、生活の場における体の調節の不調や、精神的なストレスへの原因への対応不能、嗜好品の不適切な摂取、働きすぎによる過労、不適切な食事などの問題があって起こる症状の組み合わせに対して適切な漢方処方を選択する仕組みになっている。従ってある処方が決まると、その処方が起こってきそうな生活上の問題点を次々に質問し確認していく作業を行い、病気の根本原因に迫っていけると考える。
 生活上の問題点を解決しておかないと、病気の悪化要因が常に作用し続け漢方薬も効果を発揮しにくくなる。
 風邪ならまだ一時的な病気であるから楽で深刻ではないが、加齢による病気や、適応障害による不定愁訴や癌や難病などの場合は根が深いし、何年もかかって起こってくる病気であるから、治療もそう簡単にはいかないのは明らかで、根本的に治すといっても簡単ではないことは理解できよう。
 病気になるにはそれなりの道筋を辿って時間を経て出来上がってくるのは言うまでもないが、その道筋が分かると、処方が決定しやすいし、治療効果が上がるのも道理である。
 加齢による病気の多くは陰虚が原因である。陰虚とは加齢により体の水分の量が減ることである。水分の量を調節するのは性ホルモンで加齢による性ホルモンの減少は避けられないことであるから、体に潤いを与える生薬を組み合わせて症状を緩和する仕組みになっている。そういう視点から眺めると複雑な症状が理解しやすくなる。そうはいっても老化を完全に止めることはできないことは当然であることを忘れてはいけない。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

千金内托散

 一般的に食事が摂れなくて栄養状態が悪いと創(きず)が治りにくくなるので、栄養状態の回復を待って手術するのが外科の基本であった。そのような時、昭和50年代後半になるが、口から食べられなくても栄養状態をよくする画期的な治療、高カロリー輸液すなわち経静脈栄養という治療法が普通にできるようになって救われた思いをした記憶がある。
 漢方を学び始めたころ私は外科医であった。漢方には千金内托散(せんきんないたくさん)という処方がある。傷が治りにくい時に内服すると傷の治りがよくなるとされている。外科医にとって創が閉じる、創が治るということを前提に手術をするから、その人の創の治りやすさ、自然癒能力というのは外科医の最も注目するところで、その処方に興味を持った。
 千金内托散は人参、黄耆で元気を補い、当帰、川芎、桂皮で組織の血流を改善し、桔梗、防風、白芷で化膿を止めるという生薬の組み合わせになっている。これで栄養状態の悪い人の創の治癒を促進するのである。使用目標は「虚証の潰瘍で分泌止み難く肉の上がり悪きもの」、つまり衰弱した人の創で薄い膿が止まらず治りにくい場合に効くとされている。外科医にとってこんなありがたい薬はないと考え、ひそかに使う機会を窺っていた。
 ある時内科の医師から糖尿病で足の具合がよくないので見てほしいという依頼があった。糖尿病の合併症による脚の壊死である。切断しかないので下腿を切り落としたが切断面の創が治らないのである。それどころかベッドに横臥してできる床ずれが水泡を形成し、しかも炎症反応が起こらない。炎症反応が起こらないということは創が治りにくいことを意味する。そこで千金内托散を思い出し、煎じて飲ませたら傷が治り、床ずれもできなくなったのであった。
 内托の托について普段なじみのない言葉でその意味がぴんと来なかった。托鉢という言葉は鉢でお布施を受け取る意味になる。托について辞書には、ひらく、おす、掌をもって物を挙げる、転じてものをのせるという意味が書かれてある。これらの言葉から「膿を限局させて排膿する」という托法という治療の意味が浮かびにくく、分かりにくくて悩んだ記憶がある。しかし経験した一例の傷の治り具合を見たとき、創の治りが急速に改善したことから内托という意味が実感できたのであった。内托とは傷を治すための炎症という生体反応を刺激し創傷治癒力を回復することであると実感した。
 静脈栄養もない、抗生物質もない時代厳しい状況でも人類は自然治癒力を高める術を探り当てていたことに気づかされた。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

大柴胡湯について

 今回は大柴胡湯(だいさいことう)について、少し専門的なことを整理した。
 大柴胡湯は、傷寒論では発熱、悪寒、頭痛の症状を呈する「太陽病」、すなわち、風邪の初期から少し進んで食欲がなくなり、往来寒熱つまり悪寒と発熱を繰り返し、吐き気が起こる「少陽病」の時期を経て、更にもう少し進んで、持続的な発熱及び便秘をともなう「陽明病」になろうとする手前の時期に使う処方とされている。つまり往来感熱、悪寒と発熱を繰り返しながら、食欲がなくて、吐き気がして、みぞおちがつまった感じがして便秘するというときに使う処方である。
 ところが最近の外来でこのような状態でみえる患者さんはめったにおられない。もっぱら慢性疾患に使う。がっちりした体格で、腹診で心下部の強い緊張に、胸脇苦満を伴う条件を備えているときに使うということになっている。そのような所見を具える人は高血圧、肥満、肩こりなどの人に多い。
 人体はストレスにさらされ緊張すると交感神経が興奮する。それに伴って筋肉も緊張し、肩こり、首こりなどの身体症状が起こり、イライラ、怒り、不安などの精神症状が出てくる。そのときに腹を診ると「胸脇苦満」という、右季肋部を中心に肋骨の下よりの方向へ指をそろえて押し込んだ時の微妙な不快感を確認でき、これが柴胡剤の基本的な腹診所見となっている。ストレスに伴う心下部から肋骨弓の上下に跨る不快感を「肝気鬱結」と呼んでいる。そしてその程度によって柴胡・黄芩が組み合わされたいわゆる柴胡剤の種類を決めるのである。大柴胡湯はその「胸脇苦満」の程度の最も強い状態に使うことになっている。
 そこでストレスの身体の全身に及ぼす影響を生理学的に整理してみる。
 交感神経の興奮は、中枢神経では特に大脳辺縁系の情動の部分には不安、怒り、恐れなど神経過敏な七情の症状として表現される。呼吸器系では気管支の痙攣となって喘息発作と表現されるが、それは喘息の患者に見られ、普通の人にはあまりみられない。循環器系では心臓の興奮となって強い動悸として表現される。消化管では蠕動運動の異常により、喉やみぞおちの痞え、悪心、嘔吐、腹痛、下痢として表現される。泌尿生殖器系では膀胱炎のような不快感や頻尿、尿管結石による尿管の痙攣発作が起こるかも知れない。性機能でインポになるかもしれない、また上腹部には胆嚢や、膵臓が胆管、膵管が十二指腸とつながるファーター乳頭部分にある括約筋の痙攣発作となることもある。その時「胸脇苦満」があると柴胡剤のどれが良いか症状に応じて選択するのである。
 大柴胡湯の場合は内臓平滑筋のけいれん発作を伴う場合に良いとされている。それには大柴胡湯の中の芍薬、甘草、枳実という生薬の組み合わせが、筋肉のけいれんを緩め、消化管の運動を正常にするとされている。上腹部で内臓の筋肉平滑筋が痙攣するよう病気は少なくない、食道アカラシア、食道けいれん、胃痙攣、幽門痙攣、胆石発作、胆道ジスキネジー、膵炎、尿管結石発作などである。しかし当院外来でそのような激しい症状の人は見ることはほとんどなく、よく見えるのは先に述べた、体格の良い人の高血圧や、不安、不眠、上腹部の不快感、便秘、下痢などの症状に大柴胡湯を処方することなる。時にストレスで起こる円形脱毛の人に大柴胡湯を処方することもある。
 ちなみに心臓の動悸の症状が強いときは竜骨・牡蠣を加えた柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)ということになる。喉のつかえが強い場合には半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を併せる。すなわち柴胡剤でもストレスに対する反応の微妙な違いによってバリエーションがあり、そのあたりを的確に区別できる事が臨床のコツとなっている。
 大柴胡湯はストレスで消化管や泌尿器の平滑筋の痙攣による、痞えた症状が強いときの処方であった。
 そしてストレスによる神経過敏が消化管の症状を伴う事を漢方では「肝気横逆」、或いは「肝脾不和」と呼び、大柴胡湯もその病態に対応した処方であった。
プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ