FC2ブログ

夏のインフルエンザ

 インフルエンザは冬の病気であるというのが一般的認識で、予防接種も冬を前にした10月頃から始まる。ところが今年のインフルエンザは冬が過ぎても流行しているようであったし、最近市内の公立病院では職員が50名もインフルエンザで休んでいるという深刻な話も聞こえてくる。なぜそうなったのだろうか。
 インフルエンザは冬に流行る風邪の一種と考えると、漢方的には傷寒すなわち寒冷刺激による障害と考えることができる。つまり冬の冷たい北風により、体を冷やし、体温を維持できなくなったために悪寒・発熱を起こして体温調節機能の回復を図ろうとしていると考える。では最近なぜ夏に風邪を引くかということが疑問になる。
 最近地球の温暖化が進んだせいか、近年夏も特に猛暑の日が続く。何年か前までは沖縄の最高気温はせいぜい31度であったと思うが、最近では33度が珍しくなくなった。確実に夏の気温は上がっていると思うし、以前より暑くなっていると体感される。すると勢い暑さ対策でクーラーを利用する機会が増え、強力に冷やしてくる。その結果外は夏であるのに、部屋の中は冬ということが起こると考えられる。また暑いので薄着をしているのに、室内では長い時間クーラーの効いた寒い中で過ごすことになると、漢方でいう傷寒が夏にでも起こりえると考える。
 そのような理由で夏でもインフルエンザが流行するということが理解できるのではないだろうか。
 ただ最近のインフルエンザでいつもと違うのは症状である。冬のインフルエンザは悪寒発熱、関節痛などの風邪の初期症状で来院することが多かったが、最近は体がだるい、食欲がない、のどが痛いなど、いつもの典型的な風邪の症状と違うのに、検査をするとインフルエンザ陽性となっている。するとそれらの症状に合わせた漢方薬を選ぶのが少し面倒な感じがしている。つまり一つの処方では対応できず、症状に応じた処方を選択しないとならない点で専門的な評価が必要になる。
 温暖化が進みクーラーの設定温度が下げられ、その上冷たいものを飲んで腹を冷やすような機会が増えると、夏風邪や夏のインフルエンザは今後更に増えてくるのではないかと予想される。
 睡眠時薄着をしないこと、せめて肩は冷さないように袖のある寝間着を着るように注意すること。クーラーの設定温度はできるだけ上げておくこと、職場では必要に応じた防寒対策を遠慮せずに行うことなどして冷えないように心がけることが、夏風邪の予防になると考える。
 今年の連休に東南アジアに旅行した時、旅行社の注意事項に長袖のシャツを一枚余分に持ってくださいとあった。なぜだろうと思っていたが、飛行機に乗ってしばらくするとその理由が分かった。飛行機やホテルのクーラーが強力であった。あれでは長時間のフライトに薄着でいると体調を崩すと思った。そこで毛布をもらって冷えないようにして事なきを得た。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

吃逆について

 吃逆とはいわゆるしゃっくりの事である。吃逆の原因は不明のことが多く、突然起こっていつの間にか治ることが普通で、治療上問題にならないことが多い。ところが時には何日も吃逆が続くという人がいる。
 長いこと吃逆の患者さんを診なかったが、最近立て続けに二人の人が見えた。どちらも男の人で原因はよくわからないが何日も吃逆が止まらないという。原因はわからないことが多いが、私の経験では胃腸が冷えているが多いような印象を受ける。
 重症の吃逆の症例は多くはない。かなり以前のことになるが外科医として手術していた頃、術後の患者さんで吃逆が止まらないことがあった。腹が冷えていると考えて四逆湯(しぎゃくとう)という煎じ薬を処方したら見事に効いて吃逆が止まった。そのとき吃逆は胃腸の冷えからくるということを教えられた。他の治験例をみると、難治性の吃逆に呉茱萸湯(ごしゅゆとう)が効くという報告も見られた。呉茱萸湯は胃腸を温める薬であるから、やはり吃逆は腹の冷えが絡んでいる病態であることがわかる。
 吃逆の有名な処方に柿蔕湯(していとう)がある。柿蔕は柿の蔕(へた)のことで、薬能として『苦・微温、逆気を下降し、止呃の用薬、胃気上逆の呃逆に適する。寒熱虚実に基づき適当な配合を行えば著効がえられる。』と成書にかかれてある。
 ちなみに柿蔕湯は丁香、柿蔕、生姜の三味からなる処方。丁香は“辛温、特有の芳香をもち脾胃を温めるとともに陽壮泄肺して逆気を下降する。”とある。生姜も辛微温で温める作用があるから、柿蔕湯ぜんたいとしても温める作用があり、温めてしゃっくりを治す薬であることがわかる、
 また熱性の吃逆には半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)とあるが、構成生薬をみると黄連・黄芩が胃熱を冷まし、半夏・人参・乾姜・甘草は胃腸を温める作用があることから、この場合も胃腸の冷えに熱が加わった病態であることがわかる。
 いずれにしても治療処方の効能からみると吃逆は胃腸の冷えが基本にあると考えてよさそうである。つまり腹を冷やすような飲み物や食事が吃逆の原因であると言えそうである。従って冷たいものを控え、胃腸を温めるように呉茱萸湯や人参湯(にんじんとう)、少しのぼせて舌苔が黄色い場合には半夏瀉心湯など、または柿蔕湯などで治療するとよい。そして冷たいものは避けることである。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ