FC2ブログ

肥満の程度と耐糖能の関係

 耐糖能というのはその人が糖尿病にならずに糖を取り込める能力の事であると理解しておく。それは糖を下げるインスリンホルモンの分泌能力に関係している。インスリンは血糖が高いとき運動時にグルコースを筋肉に消費させて血糖を下げるが、筋肉が活動していないときはグルコースを脂肪に変えて蓄える、つまり脂肪を増やすホルモンである。
 これまで肥満の人は糖尿病になりやすいといわれて減量の指導をしてきたが、最近どうも肥満の意味について、マイナスだけではないのではないかと思うようになってきた。
 確かに肥満で糖尿病の人はいるが、その人は極端な肥満になっていることが多いのである。見方をかえるとその人はあれだけ太るまで糖尿病にならなかった見ることもできる。言い換えると糖尿病になりにくいのである。グルコースを脂肪に変えて太るのに必要なホルモンがインスリンであるから、体重の多い人ほどインスリンの分泌能が高く、糖尿病になりにくいといえる。
 さらに見方を変えると脂肪というエネルギー源をたくさん蓄えることができるということは、危機的な状況において生存に有利といえるのではないだろうか。
 これとは逆にやせている人はインスリンの分泌能が低いので、炭水化物を脂肪に変える能力が低い、つまり肥りにくいので血糖は上がりやすい。糖を脂肪に変えてたくわえることが少ないため、やせている人ほど炭水化物処理能が低く、相対的に糖尿病になりやすいと考えられる。蓄える脂肪の量が少なくなるので例えば食糧危機に対して不利と考えられる。
 相撲取りに糖尿病が多いのは極端な肥満になってやっと糖尿病になったと考えるべきではないだろうか。あれだけハードな鍛錬に耐えられる代謝の仕組みは生命力旺盛な姿とみるべきであろう。
 西洋人は東洋人よりもインスリン分泌能が高いといわれているが、アメリカ人で印象的に全体的に肥満の人が多く、超肥満というべき何百キロの人がいることにそれが反映されているように思う。
 やせている人の糖尿病の食事療法は耐糖能が低いだけに比較的困難になると考えられる。標準体重以下でカロリーを制限するわけにいかないからである。やせている人はインスリン分泌能が低くインスリンの同化作用、グルコースを脂肪に変える効果をあまり当てにできないので、たんぱく質や脂肪の多い食事でカロリーを確保し、体重を標準体重まで増やすとなるとかなり厳しいのではないかと思われる。
 逆に肥満の人は糖質を制限しても脂肪が減るだけであるから、食事療法としてはその気があればそうとう楽であるといえそうである。
 このようにみると肥満の程度の指標となるBMIはインスリン分泌能を表しているように見える。BMIを参考にインスリンの効果を予則し、食事指導に生かせるのではないかと考える。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

低音が出ないので何とかしてほしい

 七十歳代の男の人が声の低音が出ないので何とかしてほしいと言って来られた。高い音は出るというので、声を出す神経は大丈夫であるということは分かった。
 声の専門は耳鼻科であるから、「耳鼻科の先生はなんと言われました?」と聞いたところ、声帯が完全には閉じていないと言われたという。すると治療は両側の声帯の隙間をふさぐことになるのであるが、普通の常識ではそういう方法はないので、どうにもなりませんといいたくなる。
 ところが漢方薬の効果をうまく応用すると何とかなるかもしれないと思いつくことがあった。70歳というと一応加齢による影響を考える。老人の体は若い人よりは体の水分の割合が少ない。つまり若い人より組織は水分の割合が少ない。すなわち枯れた組織は縮んで細くなる。すると若い頃密着していた声帯も水分が少なくなった分だけ組織がしぼんで細くなり、隙間ができたのではないかと考えてみた。
 するとその治療は組織に潤いを与える漢方処方を飲んでもらって、少しだけ組織をみずみずしくすれば隙間は埋まるのではないかと考えられる。
 加齢により組織の水分が少なくなった状態を漢方では腎虚(加齢)による陰虚(脱水傾向)と呼んでいる。すると“腎を補う”つまり腎臓の水を貯える作用を強化し、声帯すなわち“肺”のあたりを潤す薬を処方したらいいのではないかと思いついた。そこで体に潤いを与える漢方薬を処方した。さて結果はどうだろうか?
 暫くして来院されて声の具合を聞くと、「何となくいい感じです。」と答えられた。少しでも良く成ればしめたものだと考え、引き続き漢方薬を内服してもらうことにした。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ