発達障害について

 漢方をやっていると現代医学的に難しい患者さんが見える。小児では発達障害とおもわれる場合が時に在る。発達障害の人たちは精神的にも不安定なため漢方薬で精神的な興奮を抑える抑肝散などを使う事が多いが、それは対症療法で原因は脳の機能障害にあることが近年明らかになってきた。
 最近NHKスペシャルで発達障害における最新の知見の紹介があった。発達障害には大まかに三つのグループに分けられ、三つのタイプがそれぞれ混ざり合うと色々なバリエーションの場合があると云う事であった。其の中で知覚過敏があることが興味深かった。聴覚過敏があると周囲の騒音が統べて耳に届き、かんじんの聴きたい音がかき消され、はっきりしなくなり、効果的な学習ができないと云う。普通の人では脳が騒音に慣れ、周囲の音を無視して聞きたい音だけを拾い上げるように調節されるので、うるさい教室のようなところでも困らないと云う。また光に過敏な場合は明るすぎるように感じて周囲がまぶしく白く見え、目が開けておれないほどで疲れると云う。また光の粒が飛んでくるような感覚の場合もあると伝えていた。
 番組には三人の発達障害の方が紹介されていたが、何れの方も一流大学を卒業しているので、知的発育障害というよりは知覚過敏による不適応で社会生活が困難であった例であった。普通の人との感覚のずれがあることをお互いが知らないとコミュニケーションに支障をきたし、周囲とうまく協調できず、うつや適応障害などで引きこもる事になって孤立してしまうというのである。
 このような事実は発達障害の人たちが大人になり、自分の感覚を的確に表現し、一般の人との比較で感覚のずれが明らかになってきて初めて理解されるようになったという。
 イギリスでは既に社会で発達障害が認知され、例えばデパートなどではクワイエットタイム、すなわち音を絞り「静かな時間」を設けて、照明を落としたら知覚過敏の人たちの買い物客が増えたという事実が紹介されていた。
 クリニックに見えた患者でも音に敏感で学校生活のつらそうな子や、好みが極端に偏り、いつも不機嫌な不登校の子、眩しそうにして瞼を神経質に動かす成人の方もいた。いずれも一般の人の感覚では理解できないため、精神的にきびしい状態にあった。
 これは薬だけで対応できるものではなく、其の人にあった生活空間の条件設定をしなければならないが、それには専門的な検査が必要になる。そうすればその人の能力を最大限に発揮でき、精神的にも安定すると思われ、いわゆる根本的な解決につながる可能性が見えてくる。
 今後の研究の進展に注目し、患者の心の理解に役立てたいと思ったことである。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

外感と内風

 漢方では病気の原因を外因と内因に分ける。外因とは外から身体に作用するもの、気象の変化でその代表が風寒の邪ということになって、それを外感という。それに対して内因は喜怒悲思憂恐驚の七情となっている。七情は命の危険を察知して起こる情動の変化で精神的なストレス反応につながっていく。環境における気象的変化もストレス反応を引き起こすが、それは体温調整に関連する自律神経中枢に作用していく。一方精神的葛藤は大脳辺縁系から七情すなわち情動のほうに作用していくという違いがある。この違いを漢方で見ると非常に興味深い。
 同じストレス反応でも風寒に代表される気象条件は人体の表面に作用し交感神経に作用し、悪寒発熱にみるように体温調節反応を刺激するが、内面に作用する情動は漢方的な肝、すなわち現代医学的には交感神経に作用し、癇つまり、心・精神のほうに作用していく違いがある。その刺激の代表は外因では風寒、内因では喜怒悲思憂驚恐となっている。肝木は揺れる現象があることに関連して漢方的風につながり、外因の風寒の寒に繋がり、カンにつながる。このように言葉の上でストレスは外風、内風と風につながってくることがおもしろい。処方の上では外風は葛根湯、麻黄湯などの皮膚を温める作用の漢方薬で対応するが、内風の方は肝気鬱結を改善する小柴胡湯や大柴胡湯など柴胡剤に関連し、処方の上では大きな違いがある。
 言葉の上では病気の始まりが、寒、癇のカンで共通していることも興味深い。
 日本漢方では傷寒という、いわば風邪の様々な時期に使われる処方を、風邪以外の例えば、不眠、高血圧、むくみ、婦人病など様々な病気に応用して使用し、効果を上げてきた。それを先人は「傷寒に万病あり、万病に傷寒あり」と表現した。そこで風邪以外の病気でも内から起こる風邪ということで内風という言葉を使っているが、先に述べたような理由で、同じ風でも外からの風邪と内からの風邪では症状がかなり違うことを改めて確認できた。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

仲原靖夫

Author:仲原靖夫
昭和51年広島大学卒業、中部病院で外科の研修を終え、八重山病院、アドベンチスト・メディカルセンター、ハートライフ病院、屋比久産婦人科小児科東洋医学センターで西洋医学と東洋医学を併用した診療を続けてきた。現在、『仲原漢方クリニック』(沖縄県那覇市牧志)院長。

リンク
書籍の紹介

東洋医学の雑記帳

仲原漢方クリニック院長のドクター仲原が、1992年から2001年まで、週刊レキオに東洋医学、漢方関連の記事を掲載していたものをまとめた本です。現代西洋医学と東洋医学の病気の考え方の違いや漢方についてわかりやすく解説されています。 冷えの害、不定愁訴について、漢方で癌は治せるか、リウマチと漢方、肩こりについて、風邪について、偏頭痛、不眠、関節痛、自律神経失調症など。

定価:1,000円(税込価格)

発行:(株)週刊レキオ社
(株)週間レキオ社又は全国の書店および「当クリニック」にて販売中

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ